skip to contents.

調査研究

研究会一覧 2006年度

2006年度 研究テーマ:4-01
ドイモイ下ベトナムの「国家と社会」

概要

ベトナムでは「王の法も村の垣根まで」という諺に代表されるように、国家権力が貫徹しえない領域が長く存在してきた。ドイモイが国づくりという側面を多く含む以上、「国家」が「社会」を「取り込もう」とする動き、それに対する「社会」からの反作用、また、逆に「社会」が国家を「導く」というような諸様相が、地域・分野により現われ方が異なるにせよ今後もベトナムであふれることになる。こうしたベトナムの状況をより深く理解しようとするとき、「国家と社会の関係性」を視野に入れた、いわば多元的な分析視角に基づく研究への取組みが有効だと考えられる。本研究会ではその実践に取り組む。

期間

2005年4月 - 2007年3月

主査名

研究会メンバー

寺本 実
古田 元夫 (東京大学大学院総合文化研究科教授)
竹内 郁雄 (東京農工大学大学院共生科学技術研究部助教授)
岩井 美佐紀 (神田外語大学外国語学部助教授)
中野 亜里 (早稲田大学非常勤講師)

研究会関連情報:

ミッション区分