文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

論考:UAE財政と付加価値税導入の影響

中東レビュー

Volume 5

齋藤 純 著

2017年5月発行

PDF (685KB)

概要

はじめに

本稿は、アラブ首長国連邦(以下UAE)の近年の財政政策と財政構造の変化について整理し、付加価値税の導入が企業部門や家計部門にどう影響するか、またどのような財政資源の再分配が可能かについて考察を試みる。新税導入がマクロ経済および家計部門や企業部門にどのような影響を与えるかを計量的に分析することは、実際に新税導入が実施されてからある程度の期間が経ってから行う以外にはないが、本稿は今後の分析の準備として、一般に付加価値税導入が発展途上国経済にどのようなインパクトを与えるかに関する先行研究の知見を整理し、さらにUAEのマクロ経済データと財政データからどのような変化が起こりうるかを考察することとする。

まず第1節で、石油価格が低迷する昨今のUAE経済の見通しと付加価値税導入の経緯について概説する。続く第2節では、先行研究から発展途上国における付加価値税導入について評価を行う。第3節では、UAEにおいて付加価値税が導入された場合、マクロ経済および家計や企業にどのような影響を及ぼしうるかデータと各種報道から考察を試みる。最後に、付加価値税導入後のUAE経済と財政の課題についてまとめを行う。