文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス

アジア動向年報

2018

アジアは大きく変化しています。『アジア動向年報』は変動するアジアの動向を一次資料に基づいて分析し、アジア情勢理解のために基礎的な資料と分析を広く社会に提供することを目的とするものです。2018年版では、アジアの23の国・地域を網羅し、新聞、雑誌等の現地資料、現地調査に基づき、2017年の動向を政治、経済、対外関係にわたって分析しています。また、各国・地域編に加え、「主要トピックス」編で、アジア・アメリカ関係、ロシアのアジア政策を取り上げ、アジア情勢の総合的な把握も行っています。ウェブでも無料で公開されています。あわせてご覧ください。

2018アジア動向年報

new
■ アジア動向年報 2018
■ 6,804円(本体価格 6,300円)
■ A5判
■ 612pp
■ 2018年5月31日

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

■ 各国・地域の動向 大韓民国/朝鮮民主主義人民共和国/モンゴル/中国/香港特別行政区/台湾/ASEAN/ベトナム/カンボジア/ラオス/タイ/フィリピン/マレーシア/シンガポール/インドネシア/ティモール・レステ(東ティモール)/ミャンマー/バングラデシュ/インド/ネパール/スリランカ/パキスタン/アフガニスタン

CONTENTS
主要トピックス
各国・地域の動向


朝鮮民主主義人民共和国
国家核武力の完成宣言 / 文 浩一


ASEAN
50周年を迎えたASEAN / 湯川 拓


マレーシア
総選挙に向けた準備の本格化 / 金子 奈央


ティモール・レステ(東ティモール)
FRETILIN=民主党政権の発足と野党連合との攻防 / 井上 浩子


ミャンマー
過去最大の難民危機 / 長田 紀之 (正誤表あり)

使用した主要紙誌および通信・放送