skip to contents.

中国の公企業民営化—経済改革の最終課題—

トピックリポート

No. 47*

2002年3月発行

CONTENTS


序章
はじめに
第1節 本書の分析対象
第2節 改革・開放期の行政と企業
第3節 民営化への契機—中国経済の構造転換
第4節 民営化路線の確立へ
第5節 民営化の本格展開
第6節 民営化をめぐる環境変化
第7節 民営化の方向/本書の構成

第1部 所有・経営一致の潮流
第1章
はじめに
第1節 加速する中小企業民営化
第2節 中小企業民営化の実態
第3節 所有改革のダイナミクス
おわりに



第2章
はじめに
第1節 郷鎮企業の生成と発展
第2節 郷鎮企業をめぐる制度環境
第3節 民営化の契機
第4節 本格化する民営化
おわりに

第3章
はじめに
第1節 合弁に伴う経営モデルの構築—「借船出海」(船を借りて海に出よう)
第2節 グループ経営への模索—「発展才是硬道理」(成長こそ唯一の選択である)
第3節 美爾雅(集団)股份有限公司の設立とその株式公開—「梱綁上市」(連合上場)
第4節 集団公司と上場企業の間における関連取引—「大股東掏空美爾雅」
第5節 企業成長と政府機能—政府化審判であり、プレーヤーでもある
第6節 民営化の行方—「Ownership Structure Matters」(所有構造はやっぱり問題だ)
おわりに

第2部 混合所有下のコーポレート・ガバナンス
第4章
はじめに—中国企業のガバナンスは大丈夫か?
第1節 企業統治と経営戦略の関係
第2節 大競争時代の中国家電業界
第3節 長虹
第4節 科龍
第5節 TCL
第6節 「政府リスク」の回避—手段としての民営化
おわりに—企業からみた民営化の意義

第5章
はじめに
第1節 株式上場亜kら国有株売却へ
第2節 上場企業民営化の制約要因
おわりに

第6章
はじめに
第1節 国有資本管理制度の形成
第2節 国有資本管理制度の2類型
第3節 国有資本管理制度の下での政府・企業の機能
第4節 問題の所在と若干の提言


終章