skip to contents.

国家存立の危機か:アフガニスタンとパキスタン

トピックリポート

No.44

深町 宏樹, 小田 尚也 編
2001年11月発行

CONTENTS

第1章
第1節 ターリバーン出現までの略史
第2節 ターリバーンの政治

第2章
第1節 イスラーム原理主義とテロリズム
第2節 パキスタンのイスラーム原理主義
第3節 分断された民族とパキスタンの「ターリバーン化」
第4節 パキスタン軍、アフガニスタン、イスラーム原理主義

第3章
第1節 ソ連・アフガニスタン枢軸 対 米・パキスタン枢軸
第2節 冷戦の終焉と米パ関係の変容
第3節 パキスタンの対ターリバーン政策の変化

第4章
第1節 パキスタン政府の対策
第2節 ターリバーンの功罪
第3節 ターリバーン後のアフガニスタン
第4節 ターリバーン後のパキスタン

第5章
第1節 1990年代の経済と対外債務
第2節 対外債務支払いとIMF
第3節 対パキスタン経済制裁解除と今後


お詫びと訂正
『国家存立の危機か:アフガニスタンとパキスタン』の記述に以下のような誤りがありましたので、お詫びして訂正いたします。
該当箇所:第2章 第3節 p.8 上から3行目
誤:「アフガニスタンの主要民族であるパシュトゥーンは パキスタン 総人口の・・・」
正:「アフガニスタンの主要民族であるパシュトゥーンは アフガニスタン 総人口の・・・」