skip to contents.

インドにおける農工連関

調査研究報告書

内川 秀二 編
2012年3月発行
第1章
This paper tries to compare knitwear clusters in Ludhiana and Tiruppur. While Ludhiana is producing woolen knitting wear mainly for domestic market, Tiruppur concentrate on cotton knitting wear mainly for export market. There are four similarities between the two clusters. First, vertical networking among units specializing in different parts of the production process is working effectively. Second, information on market is shared among producers through intermediaries such as wholesalers, retailers and other marketing agents. Third, both clusters depend on migrant workers. Fourth, apparel industry contributes to improvement of household income in neighbouring villages. On the other hand, there is difference in the two points. First, while Ludhiana is catering mainly for the domestic market, Tiruppur is export-oriented cluster. Second, communities of owners are different in the two clusters.

第2章
本稿では、グローバル化・自由化が進むインドのアパレル産業の中において、伝統的なアパレル産業クラスターであるルディヤーナの動向についての考察を試みた。ルディヤーナは、比較的小規模の事業所が集積しているインドでも歴史の深いアパレル産業クラスターである。ルディヤーナの特徴としては、国内市場向けの生産が多く、インドの伝統的な生産・雇用形態を維持し続けている点を挙げることができる。こうしたインドの伝統的な産業クラスターが、競争が激化するアパレル産業の中で、どのような要因で持続的に存在しうるのか、現地調査およびルディヤーナと並ぶインドのアパレル産業クラスターであるティルプールとの比較研究を通して明らかにしてみた。本稿の結論としては、ルディヤーナのアパレル産業が国内市場に特化しているがゆえに、伝統的な産業クラスターの性質が有効に作用しているということを指摘した。

第3章
第4章
第5章
第6章
A Note on Migrant Workers in Punjab pdf (375KB) / Yoshifumi Usami
第7章