skip to contents.

現代レヴァント諸国の政治構造とその相関関係

調査研究報告書

青山弘之 編
2007年3月発行
この報告書は中間報告書です。最終成果は
青山弘之・末近浩太 編『現代シリア・レバノンの政治構造 』アジア経済研究所叢書5、2009年2月10日発行
です。
第1章
シリアとレバノンの権力構造 / 青山弘之・末近浩太
1. はじめに
2. 権力構造とは?
3. シリアとレバノンの政治体制
4. 「ターイフ体制」
5. シリアの権力構造
6. レバノンの権力構造
7. おわりにかえて

第2章
シリアの政治主体(資料) pdf (1.2MB) / 青山弘之
1. 大統領,副大統領
2. 人民議会
3. 内閣
4. 主な政党・政治組織,政治同盟
5. 主なムハーバラート
6. バアス党
7. 進歩国民戦線


本章では,シリアの権力構造がいかなる政治主体によって構成されているのかを具体的に把握するため,同国の大統領・副大統領,人民議会,内閣,政党・政治組織,政治同盟,ムハーバラートを一覧する。

第3章
レバノンの政治主体(資料) pdf (1.3MB) / 末近浩太・青山弘之
1. 大統領
2. 国民議会
3. 内閣
4. 主な政党・政治組織,政治同盟
5. 主な治安組織
6. ヒズブッラー


本章では,レバノンの権力構造がいかなる政治主体によって構成されているのかを具体的に把握するため,同国の大統領,国民議会,内閣,政党・政治組織,政治同盟,宗教機関,治安組織を一覧する。

補章
本章では,シリアとレバノンの権力構造がいかなる政治主体によって構成されているのかを具体的に把握するため,両国で活動する主なパレスチナ人組織を一覧する。

索引 pdf (383KB)
正誤表 pdf (178KB)