skip to contents.

アジアとその他の地域の産業集積比較  — 集積発展の要因 —


アジアとその他の地域の産業集積比較 研究会 編
目次 pdf (9KB)
Automotive assemblers and parts suppliers are located in the same regions, and this heavy localization is a common characteristic of the automotive industry worldwide. This paper analyzes how Chinese automotive assemblers and their parts manufacturers choose their locations. We emphasize that economic as well as political factors are important in China. The failure of the industry to concentrate is due to the lack of a suitable industrial policy in the central government. In contrast, this paper shows that Shanghai was successful in its policy of nurturing the automobile and parts industries. Now Japanese automotive assemblers such as Honda and Toyota have been reinforcing their activities in China, but their manufacturing systems are different from those in Japan. This is due to characteristics of the Chinese automotive parts industry. Based on the authors’ field research, we discuss how Toyota and Honda form their distribution networks to fit the constraints of the Chinese automobile parts industry. Finally, further issues of the Chinese automobile industry are presented.

日本の産業クラスター pdf (94KB) / 藤田昌久
1990年代中頃、メキシコ・グアダラハラ市近郊に多国籍企業による電子産業における製造加工に特化した輸出向けのクラスターが誕生した。その契機としては、1994年から北米自由貿易協定が発効し米国への輸出が制度的に確保され、また、1994年末以降の為替危機によって為替レートが大幅に減価し生産コストが低下したことが挙げられる。クラスターの成立は、(1) 米国への国境まで整備された道路による交通、(2) 安価で安定的な労働力と比較的潤沢な技術者( エンジニア) 層の存在、(3) 非メキシコ人にも適応しやすい温和な気候、という立地要因と、1960年代からの輸入代替工業化期に多国籍企業が国内向けの電子産業の製品工場を当地に設立していたという歴史的要因によって説明することができる。クラスターの推進には、地元出身の管理職層による振興も一役買った。それぞれ多国籍企業のグアダラハラにおける経営・管理に従事する彼らは、現地の経営者団体を核として、グアダラハラを「南のシリコンバレー」として海外に宣伝すると共に、加工製造に従事するブランド企業・EMS企業が必要とする部品製造企業の誘致を協力して行ない、さらに研究開発やソフトウェアなど加工製造工程を越えたクラスターの深化を目指している。「モジュラー生産ネットワーク」と呼ばれる電子産業に顕著な産業組織の把握、多国籍企業の地元経営者層の競争と協力の様相の理解などが重要な含意として取り出すことが可能である。