文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

海外研究員レポート

海外研究員レポートは、各国に派遣された海外研究員の赴任地における政治、経済、社会等の諸事情について、エッセー風にまとめたものです。特定の調査課題の遂行に向けた活動に取り組む一方で、現地に滞在しなければ得ることができないようなトピックスを中心に報告を行っています。

2017年3月
海外研究員(バンコク)
小林 磨理恵


タイにおける学位論文の電子公開
——タマサート大学の事例を中心に——

はじめに
大学等研究機関における研究成果のオープンアクセス化がグローバルな規模で推進される現在、タイでも同様に、研究成果を電子化し公表する積極的な動きがみられる。近年では、大学に提出された学位論文の電子化公開も徐々に進展している。

日本では文部科学省の学位規則の一部改正により、2013年4月以降に提出された博士論文はインターネットを利用して公表されることが義務化された。日本は原則として全ての博士論文をオープンアクセスの対象としたが、タイでは学位論文の公表について国レベルでの統一的な規程は存在しない。学位論文をどのように公表するかは各大学の方針に委ねられ、取り組みの状況は様々である。主要な国立大学の一つであるタマサート大学では、同大学図書館が提供するオンラインデータベース(TU E-theses)を介して、学位論文全文の電子版を制限なく公開している。一方、他の主要大学の状況をみると、チュラーロンコン大学では、大学外のインターネット環境から電子版にアクセスする場合には、利用登録を条件としている。またチェンマイ大学やマヒドン大学では、電子版へのアクセスを大学内に限定している。タイ国内での学位論文の公表形態を大別すると、(1)電子版のオープンアクセス化、(2)電子版の限定的な公開、(3)大学図書館における製本版の公開に分けられるが、現時点でタマサート大学のように学位論文をオープンアクセス化している事例は数少ないとみてよい。

本稿では、タマサート大学における学位論文の提出形態の変遷、オンラインデータベースによる学位論文の電子公開とその検索方法について報告する。なお、ここでの「学位論文」は、博士論文と修士論文を指し、学部の卒業論文を含まない。


2016年12月
海外研究員(バンコク)
小林 磨理恵


タイ国王の逝去——10月13日後の変化をたどる——

「その時」の到来
「その時、私は外で夕食をとっていた。食堂のテレビが突然別の画面に切り替わると、まもなく国王が崩御されたことを知った。それ以降、いっさいの食事は喉を通らなかった」。  ある老女は、プミポン国王が逝去した翌日のテレビで涙をこらえてこう語った。「その時」とは、まもなく時計の針が夕刻の7時を指そうかという瞬間である。何の脈略もなくテレビの映像がぶつっと途切れ、白黒の画面でアナウンサーがプミポン国王の逝去を報じた。

2016年10月13日に逝去したプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)は、本年6月に在位70年を迎え、戦後から長期に亘りタイの社会経済的発展に貢献したと知られている。その功績と人徳から、タイ国民の精神的支柱となり、広く敬愛を集めた。多くの国民が口をそろえて「自分が生まれた時にはプミポン国王が存在した。以前の国王の治世を知らないし、国王の崩御に直面するのも初めてのことだ」という。国民は経験したことのない喪失を抱え、老若男女問わず、涙を流して国王の死を悼んだ。今後の行く末に少なからぬ不安も抱いている。


バンコク

「タイにおける学位論文の電子公開——タマサート大学の事例を中心に——」 小林磨理恵 / 2017年3月発行

バンコク

「タイ国王の逝去——10月13日後の変化をたどる——」 小林磨理恵 / 2016年12月発行

カンボジア

「企業登録のオンライン化はカンボジアで成功するか?」 田中 清泰 / 2016年9月発行

中国

「中国: 深圳のスタートアップとそのエコシステム(増訂版)」 木村 公一朗 / 2016年8月発行

ワシントンD.C.

「2016年米大統領選挙のアイデンティティ・ポリティクス」 ダルウィッシュ ホサム / 2016年8月発行

バンコク

「タイにおける学術誌評価——Thai-Journal Citation Index(TCI)の成果と課題——」 小林磨理恵 / 2016年6月発行

中国

「中国: 深圳のスタートアップとそのエコシステム」 木村 公一朗 / 2016年5月発行

中国

「中国:「創新(イノベーション)」政策が広がり、「創新」は広がるか?」 木村 公一朗 / 2016年2月発行

デリー

「インドでの国際会議COLLNET2015 に参加して」 坂井 華奈子 / 2016年1月発行

ヴィエンチャン

「ラオス人民民主共和国建国40周年:通信衛星と鉄道プロジェクトの意味を考える」 山田 紀彦 / 2015年12月発行

香港

「香港のスタートアップ」 木村 公一朗 / 2015年11月発行

米国

「ボストンのチャイナタウン」 木村 公一朗 / 2015年8月発行

イギリス

「英国の地方自治体が提供する廃棄物処理サービスとその実態」 吉田 暢 / 2015年6月発行

米国

「アメリカの中国研究コミュニティ」 木村 公一朗 / 2015年5月発行

イギリス

「双子の地域性:「獅子身中の虫」と「名誉の孤立」-2015年英国総選挙を振り返って-」 吉田 暢 / 2015年5月発行

アブダビ

「アラブ首長国連邦(UAE)金融機関によるガバナンス強化の取組み:取締役会の構成の観点からの整理」 齋藤 純 / 2015年4月発行

マレーシア

「犬は吠えるがキャラバンは進む:ナショナリズムと人類の未来」 熊谷 聡 / 2015年4月発行

インド

「2015 年ニューデリー・ワールド・ブックフェア訪問とインド郵便局からの資料の発送」 坂井 華奈子 / 2015年4月発行

米国

「アメリカ経済学会大会における中国経済研究」 木村 公一朗 / 2015年2月発行

イギリス

「英国における「政治の季節」 「統合」と「分離」の狭間で」 吉田 暢 / 2015年2月発行

ベトナム

「障害者権利条約の批准決議案を可決」 寺本 実 / 2015年1月発行

アブダビ

「アラブ首長国金融機関におけるコーポレート・ガバナンスの現状」 齋藤 純 / 2015年1月発行

マレーシア

「原油価格下落とマレーシア経済:もっともらしいが誤ったロジックが危機を引き起こす」 熊谷 聡 / 2014年12月発行

米国

「米国の地域研究: 中国経済研究の立場から」 木村 公一朗 / 2014年11月発行

ロンドン

「早期児童教育介入と効果発現メカニズム」 伊藤 成朗 / 2014年11月発行

マレーシア

「グローバル化と地元愛:ペトロナスCMに見る変化の予兆」 熊谷 聡 / 2014年10月発行

ベトナム

「ベトナムのテレビ放送の変化」 寺本 実 / 2014年10月発行

インド

「第20回デリー・ブックフェア」 坂井 華奈子 / 2014年10月発行

トロント

「カナダ小麦ボード(CWB)改革による穀物流通の変化」 寳劔 久俊 / 2014年8月発行

イギリス

「「多様性の中の共存」と「不寛容の種」: 多様性の街ブライトンにおけるイスラエル製品不買運動に際して」 吉田 暢 / 2014年8月発行

トロント

「カナダ農業の特徴と穀物生産動向について」 寳劔 久俊 / 2014年8月発行

ベトナム

「国際問題の影響」 寺本 実 / 2014年7月発行

マレーシア

「マレーシアの外国人労働者」 熊谷 聡 / 2014年7月発行

インド

「ジャワハールラールネルー大学センサス・データ・センターと中央図書館政府刊行物部門を訪問して
—インド政府情報の保存と利用の観点から—」
坂井 華奈子 / 2014年6月発行

アブダビ

「「最近のUAEの通信事情」」 齋藤 純 / 2014年6月発行

イギリス

「英国における『ビジネスと開発』研究について」 吉田 暢 / 2014年5月発行

台湾

「学生による立法院占拠事件と両岸サービス貿易協定(前編)」 竹内 孝之 / 2014年4月発行

ベトナム

「多様な暮らしと時代の流れ」 寺本 実 / 2014年4月発行

マレーシア

「ペトロナス——知られざる高収益企業」 熊谷 聡 / 2014年4月発行

アブダビ

「UAE自国民優遇政策の外国人労働者への影響」 齋藤 純 / 2014年4月発行

南アフリカ

「南アフリカ、土地返還申請の受付再開へ」 佐藤 千鶴子 / 2014年3月発行

イギリス

「「英国のクリスマスと『ファルマーの冬』」」 吉田 暢 / 2014年1月発行

ベトナム

「地方の人々にとって身近な医療機関」 寺本 実 / 2014年1月発行

マレーシア

「ルック・マレーシア:人と企業のグローバル化に学ぶ」 熊谷 聡 / 2014年1月発行

台湾

「東シナ海防空識別圏に対する台湾の反応」 竹内 孝之 / 2013年12月発行

南アフリカ

「土地法制定100周年の南アフリカ」 佐藤 千鶴子 / 2013年11月発行

台湾

「馬英九訪中の可能性と台湾の国際的地位」 竹内 孝之 / 2013年10月発行

中国

「『粉糸営業』:新興携帯電話企業「小米」の急成長の秘密に迫る」 丁 可 / 2013年10月発行

ベトナム

「ヴァン・カオ通りから」 寺本 実 / 2013年10月発行

台湾

「本か論文か?台湾社会学者の学術コミュニケーション選択:3人の専門家へのインタビュー」 川上 桃子 / 2013年9月発行

英国

「英国における移民政策をめぐる議論について」 吉田 暢 / 2013年9月発行

スウェーデン

「スウェーデンで見た国家の強さ—求心力で測る場合—」 ケオラ スックニラン / 2013年9月発行

ベトナム

「ハノイ市内の交通状況—暮らしの中から—」 寺本 実 / 2013年7月発行

台湾

「「中国人団体観光客ビジネス」の歪んだ構図」 川上 桃子 / 2013年7月発行

台湾

「『マグロ戦争』:馬英九政権の対フィリピン砲艦外交」 竹内 孝之 / 2013年7月発行

南アフリカ

「西ケープ州の農場労働者によるストライキをめぐる考察」 佐藤 千鶴子 / 2013年5月発行

スウェーデン

「気候と経済発展 —西欧の環境は本当に過酷か—」 ケオラ スックニラン / 2013年5月発行

韓国

「韓国ベビーブーマーの過去、現在、未来-『彼らは声を出して泣かない』から」 安倍 誠 / 2013年4月発行

台湾

「台湾:第4原発に関する国民投票は実施されるのか?」 竹内 孝之 / 2013年4月発行

中国

「スマートフォン時代の『山寨』携帯電話」 丁 可 / 2013年3月発行

台湾

「台湾メディア産業における『中国の影響力メカニズム』の背景」 川上 桃子 / 2013年3月発行

韓国

「『経済民主化』で注目される財閥オーナーの裁判」 安倍 誠 / 2013年1月発行

台湾

「『香港独立論』の登場?」 竹内 孝之 / 2013年1月発行

台湾

「影響力の争奪戦としての『りんご日報』買収劇」 川上 桃子 / 2012年12月発行