skip to contents.

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2008年

オーストラリアの対外経済政策とASEAN
No.575
『オーストラリアの対外経済政策とASEAN』
岡本次郎 著 / 4,320円(本体価格 4,000円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04575-4
オーストラリアの対ASEAN政策とその変化を国内外の政治経済ダイナミクスを通して分析し,東アジア統合への参画を模索する同国の対外経済政策を浮き彫りにする。
台湾の企業と産業
No.574
『台湾の企業と産業』
佐藤 幸人 編 / 4,428円(本体価格 4,100円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04574-7
過去20年大きく変容した台湾経済を多面的に分析。地場民間大企業など各種企業、新興製造業のTFT-LCDと携帯電話端末、サービス業では金融と航空貨物に注目した。
戦争と平和の間
No.573
『戦争と平和の間 —紛争勃発後のアフリカと国際社会—』
武内 進一 編 / 5,508円(本体価格 5,100円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04573-0
アフリカの紛争解決はどう進められてきたのか。平和に向けた国際社会の関与はいかなる成果と課題を残したのか。アフリカの紛争と平和構築を考えるための必読書。
韓国主要産業の競争力
No.572
『韓国主要産業の競争力』
奥田 聡・安倍 誠 編 / 3,456円(本体価格 3,200円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04572-3
通貨危機を克服した韓国はサムスン,LGなど世界的ブランドを輩出するに至っている。中国に追撃され日本と激しく競合しつつも成長を続ける韓国産業の実力を診断する。
アジア諸国の鉄鋼業
No.571
『アジア諸国の鉄鋼業 —発展と変容—』
佐藤 創 編 / 4,752円(本体価格 4,400円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04571-6
昨今変化の著しい鉄鋼業。アジア各国それぞれの現状と課題を発展過程をたどることによって読み解き、鉄鋼業の検討からアジアの産業発展を再考する。
アジアにおけるリサイクル
No.570
『アジアにおけるリサイクル』
小島 道一 編 / 5,076円(本体価格 4,700円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04570-9
リサイクルに関する取組みが進んでいるアジア地域において、リサイクル産業のフォーマル化、再生資源貿易の拡大への対応が共通の課題となっていることを明らかにする。
開発と農村
No.569
『開発と農村 —農村開発論再考—』
水野正己・佐藤寛 編 / 3,672円(本体価格 3,400円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04569-3
グローバリゼーションに巻き込まれる発展途上国の農村社会が直面する課題を、日本の農村社会開発の経験と照らし合わせつつ「生活」の視点から再整理する。
タイ政治・行政の変革1991-2006年
No.568
『タイ政治・行政の変革1991-2006年』
玉田芳史・船津鶴代 編 / 4,968円(本体価格 4,600円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04568-6
タイは1991年から2006年9月クーデタまでの15年間に大きく変わった。本書は民主化や経済の中進国化を軸に様変わりするタイの政治・行政を読み解く試みである。
障害と開発
No.567
『障害と開発 —途上国の障害当事者と社会—』
森 壮也 編 / 4,536円(本体価格 4,200円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04567-9
アジアとアフリカにおける障害当事者の社会と法制度などを国連等世界の動きも交えて分析・解説。開発学と障害学の双方の視点を踏まえた「障害」への新たな視点を提供。
アジアにおける分権化と環境政策
No.566
『アジアにおける分権化と環境政策』
寺尾忠能大塚健司 編 / 2,808円(本体価格 2,600円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-04566-2
環境政策における中央・地方関係、地方政府による環境政策の実態、地方レベルでの環境政治の構図など、アジアにおける分権化と環境政策の相互作用を政治経済学的に分析。