skip to contents.

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2007年

新興工業国における雇用と社会保障
No.565
『新興工業国における雇用と社会保障』
宇佐見 耕一 編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04565-5
いま社会では「働き方」が問われている。本書ではアジア、アフリカ、ラテンアメリカ新興工業国での非典型雇用のあり方と、その従事者に対する社会保障の問題を論じている。
統治者と国家
No.564
『統治者と国家 —アフリカの個人支配再考—』
佐藤 章 編 / 5,616円(本体価格 5,200円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04564-8
アフリカにおける近代再考を視野に入れ、国家との間に紡がれるダイナミズムの中で現代アフリカの統治者像を捉え直す野心的論集。全265代の統治者一覧も収録。
中国経済の勃興とアジアの産業再編
No.563
『中国経済の勃興とアジアの産業再編』
岡本信広・桑森啓猪俣哲史 編 / 3,780円(本体価格 3,500円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04563-1
中国経済の目覚ましい発展は,アジア諸国における産業再編をもたらした。中国経済の勃興とアジア諸国の産業再編の様子を,産業連関の視点から定量的に明らかにする。
ラテンアメリカ新一次産品輸出経済論
No.562
『ラテンアメリカ新一次産品輸出経済論 —構造と戦略—』
星野 妙子 編 / 3,888円(本体価格 3,600円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04562-4
中国の急成長、高付加価値産品の市場拡大により活性化するラテンアメリカの一次産品産業。一次産品輸出は経済発展のエンジンとなるうるか?生産現場の実態から検証する。
マラウイの小農
No.561
『マラウイの小農 —経済自由化とアフリカ農村—』
高根務 著 / 3,132円(本体価格 2,900円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04561-7
農業に依存する東南部アフリカの小国、マラウイ。「貧困」とされるこの国の農村の実態を、フィールドワークで得られた知見をもとに、詳細に明らかにする。
グローバル化と途上国の小農
No.560
『グローバル化と途上国の小農』
重冨真一 編 / 3,888円(本体価格 3,600円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04560-0
グローバル化で私たちの食卓は途上国の小農に結びついた。アジア、アフリカ、ラテンアメリカ農村での農業経営調査に基づいて、途上国農村から見たグローバル化の姿を描く。
国際ルール形成と開発途上国
No.559
『国際ルール形成と開発途上国 —グローバル化する経済法制改革—』
今泉 慎也 編 / 4,536円(本体価格 4,200円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04559-4
開発途上国における経済制度改革を視野に入れた国際的・地域的な国際ルール・基準作りの進展と,それが各国の制度改革に与える影響を分析。
経済危機後の韓国
No.558
『経済危機後の韓国 —成熟期に向けての社会・経済的課題—』
奥田 聡 編 / 4,212円(本体価格 3,900円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-04558-7
経済危機から目覚ましい回復を遂げた韓国の「光」と「影」とは?途上国的問題と先進国的問題が入り交じる現代韓国の社会・経済を多角的に分析する。