文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2003年

photo

No.531

『新興福祉国家論 -アジアとラテンアメリカの比較研究-』
宇佐見 耕一  編 / 4,752円(本体価格 4,400円) / 2003年3月発行
ヨーロッパ中心の福祉国家論の視野をアジアとラテンアメリカに拡大。比較福祉国家論のなかに新興福祉国家を登場させたアジア・ラテンアメリカ地域研究者による注目の書。

photo

No.530

『アフリカとアジアの農産物流通』
高根務  編 / 4,644円(本体価格 4,300円) / 2003年3月発行
自由化のなかで,開発途上国の農産物流通はどう変わったのか。アフリカとアジア8カ国における政策・制度の変化と現状を,地域研究の視点から詳細に明らかにする。

photo

No.529

『アフリカ経済学宣言』
平野 克己  編 / 5,076円(本体価格 4,700円) / 2003年3月発行
成長回帰分析,開発ミクロ経済学,人間開発論,債務論,HIV/AIDS等,開発経済学の理論的前線をアフリカ経済研究から描き出す邦文初の書。

photo

No.535

『金融政策レジームと通貨危機 -開発途上国の経験と課題-』
三尾 寿幸  編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2003年12月発行
金融政策と為替レート制度からなる「金融政策レジーム」の視点から、90年代以降の開発途上国における通貨危機とインフレーションを分析する。

photo

No.534

『国家・暴力・政治 -アジア・アフリカの紛争をめぐって-』
武内 進一  編 / 5,616円(本体価格 5,200円) / 2003年12月発行
ネーションステイト、暴力、紛争抑止などをテーマとする12の事例研究と理論的総説をもって、アジア、中東、アフリカで頻発する武力紛争を多角的に分析する。紛争研究の新たな地平を切り開く労作。

photo

No.533

『インドネシアの地方分権化 -分権化をめぐる中央・地方のダイナミクスとリアリティー-』
松井和久  編 / 3,456円(本体価格 3,200円) / 2003年12月発行
地方分権化がインドネシアに暗雲を漂わせている。分権化をめぐり中央と地方がせめぎあう現場では、いま何が起こり、また起きようとしているのか。綿密な現地調査をもとに、地方分権化で揺れるインドネシアの現状を徹底解明する。

photo

No.532

『アジアの金型・工作機械産業 -ローカライズド・グローバリズム下のビジネス・デザイン-』
水野 順子  編 / 3,240円(本体価格 3,000円) / 2003年12月発行
価格競争力を喪失した日本の金型・工作機械産業について、日本を含むアジアの比較優位と劣位を分析し、日本がアジアにおいて生き残るためのビジネスをデザインして提示する。