skip to contents.

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

1992年

アジアの国際労働移動
No.425
『アジアの国際労働移動』
矢内原 勝 ・ 山形 辰史 編 / 1992年12月発行
オイルショック以降に生じたアジアからの労働移動は現在では定着したかに見える。本書は出稼ぎの過程で生じる諸問題について、送り出す側、受入れ側の実態と分析、今後の展望も添えてまとめたもの。
発展途上国の出生率低下 : 展望と課題
No.424
『発展途上国の出生率低下 : 展望と課題』
河野 稠果 編 / 1992年11月発行
21世紀にかけての最大の人口問題である、途上地域の高い出生率とその低下の条件について、多様な視点とアプローチによって考察する。
ビルマ・デルタの米作村 : 「社会主義」体制下の農村経済
No.423
『ビルマ・デルタの米作村 : 「社会主義」体制下の農村経済』
高橋 昭雄 著 / 1992年11月発行
1986~88年に行なったラングーン近郊のとある村の農村経済に関する調査の記録。ビルマ(ミャンマー)が、社会主義を放棄する一年前の87年に農作物の取引自由化が引きおこした動揺を、一農村の事例分析をとおして見る。
日本・アメリカ・ヨーロッパの開発協力政策
No.422
『日本・アメリカ・ヨーロッパの開発協力政策』
山澤 逸平 ・ 平田 章 編 / 1992年9月発行
「先進諸国の対発展途上国経済政策」研究事業の最終年度の成果。テーマである政府開発援助について、国内的側面をより重視した研究となった。全体は、日本、アメリカ、ドイツの3部より構成。
スハルト体制の構造と変容
No.421
『スハルト体制の構造と変容』
梅沢 達雄 著 / 1992年9月発行
アジア諸国における民活政策の展開
No.420
『アジア諸国における民活政策の展開』
木村 陸男 編 / 1992年3月発行
アラブ社会主義の危機と変容
No.419
『アラブ社会主義の危機と変容』
清水 学 編 / 1992年3月発行
インド農村の社会政治変容と開発
No.418
『インド農村の社会政治変容と開発』
押川 文子 編 / 1992年3月発行
1960年代後半北西諸州から開始されたインドの「緑の革命」は、インドの経済発展に大きな地域間格差をもたらしながら、次第に周縁部にも普及してきた。本書はインド農村のこの間の大きな変革を念頭におきながら、政治、社会、さらに開発政策といった分野におけるこの間のインド農村の変化を考察しようとした試みである。
アジア太平洋の経済発展と地域協力
No.417
『アジア太平洋の経済発展と地域協力』
柳原 透 編 / 1992年3月発行
アジア・太平洋各国の経済状況を個々の国ごとに詳しく分析した上で、全体のつながりや協力体制の確立について検討。平成元年と2年に実施した「アジア太平洋地域協力の諸問題」研究会の成果を報告する。
アジア諸国の地域経済構造
No.416
『アジア諸国の地域経済構造』
野田 容助 ・ 佐藤 由利江 編 / 1992年3月発行
中国、台湾、タイ、インドの4カ国・地域を選び、各国経済の特色ある地域構造を描く。経済発展と地域格差の関係を地域政策とのかかわりの中でみることを意識し、4カ国のパターンと地域経済構造との関係の比較を可能にした。
パキスタンにおける政治と権力 : 統治エリートについての考察
No.415
『パキスタンにおける政治と権力 : 統治エリートについての考察』
山中 一郎 編 / 1992年1月発行
中国の人口変動
No.414
『中国の人口変動』
早瀬 保子 編 / 1992年1月発行
アジアの成長循環
No.413
『アジアの成長循環』
長田 博 ・ 平塚 大祐 編 / 1992年2月発行