skip to contents.

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2016年

太平洋島嶼地域における国際秩序の変容と再構築
No.625
『太平洋島嶼地域における国際秩序の変容と再構築』
黒崎岳大 ・ 今泉慎也 編 / 3,564円(本体価格 3,300円) / 2016年3月発行 / ISBN978-4-258-04625-6
21世紀以降、太平洋をめぐり地政学上の大変動が起きている。島嶼諸国・ANZUS(豪、NZ、米)・中国などの新興勢力による三者間のパワーシフトと合縦連衡の関係について、各分野の専門家により実証的に分析。現代オセアニアの国際関係を考えるための必読書。
「人身取引」問題の学際的研究
No.624
『「人身取引」問題の学際的研究 ——法学・経済学・国際関係の観点から——』
山田 美和 編 / 2,268円(本体価格 2,100円) / 2016年3月発行 / ISBN978-4-258-04624-9
人身取引問題は開発問題の底辺にある問題である。国際的アジェンダとなった人身取引問題という事象を、法学、経済学、国際関係論という複数のアプローチから包括的かつ多角的に分析する。
アフリカの「障害と開発」
No.622
『アフリカの「障害と開発」 ——SDGsに向けて——』
森 壮也 編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2016年2月発行 / ISBN978-4-258-04622-5
「障害と開発」という開発の新しいイシューを、アフリカ大陸の5つの地域・国と域内協力について論じた。SDGsでアフリカの開発を念頭に置く際に、障害者たちの問題を取り残さないために必要な課題を整理。