文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アラブ君主制国家の存立基盤

研究双書

No.630

「アラブの春」後も体制の安全性を維持しているアラブ君主制諸国。君主が主張する統治の正統性と、それに対する国民の受容態度に焦点を当て、体制維持のメカニズムを探る。

■ アラブ君主制国家の存立基盤
石黒大岳  編
■ 2,916円(本体価格 2,700円)
■ A5判
■ 172pp
■ 2017年10月
■ ISBN978-4-258-04630-0

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

はじめに
第1節 先行研究
第2節 方法論
第3節 本書の構成と各章の概要
おわりに

はじめに
第1節 クウェートの国家形成とサバーフ家による統治の正統性の原理
第2節 社会的亀裂と王党派の形成・再編
おわりに

はじめに
第1節 バハレーンの社会構造と統治体制
第2節 もうひとつの「マジュリス」
おわりに――マジュリスの限界と今後の見通し――

はじめに
第1節 オマーンの社会的亀裂と部族勢力の取り込み
第2節 カーブースによる行幸
おわりに――行幸制度の限界と今後の見通し――

はじめに
第1節 UAEにおける国家・体制・国民の現在
第2節 建国記念日の公式 / 非公式行事
第3節 UAEにおける建国記念日の役割
おわりに

はじめに
第1節 ネイション・ビルディングにおけるイスラーム的正統性の積極的な採用
第2節 バイアの儀礼
第3節 バイアの機能――ムハンマド6世期を中心に――
おわりに

はじめに
第1節 弱い君主制?
第2節 君主制を支える諸要素
おわりに

はじめに
第1節 国家建設とサウード家による統治の正統性原理
第2節 ナジュドとヒジャーズの統治者から二聖都の守護者への転換
第3節 アブドゥッラー国王による再開発事業の展開
おわりに