文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

ラテンアメリカの市民社会組織  ——継続と変容——

研究双書

No.626

労働組合・協同組合・コミュニティ組織・キリスト教集団をはじめ、ラテンアメリカでは様々な市民社会組織がみられる。コーポラティズム論や代表制民主主義論を手掛かりに、近年のラテンアメリカ5カ国における国家とこれらの組織の関係性を分析する。

■ ラテンアメリカの市民社会組織 ——継続と変容——
■ 宇佐見耕一 ・ 菊池啓一 ・ 馬場香織  編
■ 3,564円(本体価格 3,300円)
■ A5判
■ 265pp
■ 2016年11月
■ ISBN978-4-258-04626-3

CONTENTS

まえがき

序 章 問題の所在と分析の視点 / 宇佐見耕一・菊池啓一・馬場香織

はじめに
第1節 問題の所在
第2節 コーポラティズム論——利益媒介・政策形成——
第3節 民主主義と市民社会
第4節 本書の構成

第Ⅰ部 利益媒介・政策形成と市民社会組織

第1章 メキシコにおける政労関係の継続と変容——労働法制改革をめぐる政治を中心に—— / 馬場香織

はじめに
第1節 メキシコ2012年労働法制改革の背景と概要
第2節 本章の分析視角——労組の戦略、パワー、レバレッジ——
第3節 労組の戦略、レバレッジと労働法制改革
おわりに

第2章 ボリビアにおける国家と強力な市民社会組織の関係——モラレス政権下の新鉱業法の政策決定過程—— / 岡田 勇

はじめに
第1節 ボリビアの国家——市民社会組織関係についての研究——
第2節 理論枠組み——ボリビア鉱業にみる国家と市民社会組織のあいだでの政策決定——
第3節 新鉱業法の成立過程
おわりに

第3章 ポスト新自由主義期ペルーの労働組合と国家——20世紀の状況との比較—— / 村上勇介

はじめに
第1節 国家主導型発展モデル期の労働組合
第2節 労働組織の影響力の低下と1990年代の新自由主義改革
第3節 ポスト新自由主義期の労働組合
おわりに

第Ⅱ部 民主主義と市民社会組織

第4章 ベネズエラにおける参加民主主義——チャベス政権下におけるその制度化と変質—— / 坂口安紀

はじめに
第1節 市民社会と民主主義概念の整理
第2節 ベネズエラにおける参加民主主義の萌芽
第3節 チャベス政権下のコミュニティベースの参加民主主義の実態とその変質
結論

第5章 分配政治とブラジルの市民社会——連邦政府から市民社会組織への財政移転の決定要因—— / 菊池啓一

はじめに
第1節 ブラジルの市民社会組織のプロフィール
第2節 市民社会組織への財政移転
第3節 データ分析
おわりに

第6章 ブラジルにおける国家とキリスト教系宗教集団の関係——福音派の台頭と政治化する社会問題—— / 近田亮平

はじめに
第1節 ブラジルの政治と宗教をめぐる変化
第2節 中絶をめぐる国家とキリスト教系宗教集団
第3節 LGBTをめぐる国家とキリスト教系宗教集団
第4節 国家と宗教集団の関係
おわりに

終 章 21世紀ラテンアメリカにおける国家と市民社会組織の関係 / 宇佐見耕一

索引