文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アフリカ土地政策史  

植民地化以降,アフリカの諸国家はいかに土地と人々を支配しようとしたのか。独立や冷戦終結は,その試みをどう変えたのか。アフリカの国家社会関係を考えるための必読書。

■ アフリカ土地政策史
武内 進一  編
■ 3,780円(本体価格 3,500円)
■ A5判
■ 275pp
■ 2015年11月
■ ISBN978-4-258-04620-1

CONTENTS

まえがき

訳語について

序 章 アフリカにおける土地と国家——その歴史的概観—— / 武内進一

はじめに
第1節 植民地化以前のアフリカ
第2節 植民地化と土地収奪
第3節 戦間期の政策転換
第4節 ポストコロニアル国家の土地政策——1980年代まで——
第5節 冷戦終結後の土地政策——1990年代以降——
第6節 本書の構成

第1章 ケニアにおける土地政策——植民地期から2012年の土地関連新法制定まで—— / 津田みわ

はじめに
第1節 植民地期前期——人種別の土地制度確立——
第2節 植民地期後期以降——人種条項の撤廃と私的所有の推進——
第3節 2000年代の土地制度改革
おわりに

第2章 ザンビアの領土形成と土地政策の変遷 / 大山修一

はじめに
第1節 BSACによる領土の獲得
第2節 BSACの統治期
第3節 英領植民地期
第4節 カウンダ政権期
第5節 1995年「新・土地法」の成立
まとめ ——ザンビアにおける土地制度の特徴——

第3章 シエラレオネにおける土地政策の分枝国家的な展開 / 落合雄彦

はじめに
第1節 行政制度と司法制度の現在
第2節 西部地域における土地政策の展開
第3節 プロヴィンスにおける土地政策の展開
むすびに代えて

第4章 タンザニアにおける土地政策の変遷——慣習的な土地権に着目して—— / 池野 旬

はじめに
第1節 ドイツ植民地期(1885~1919年)
第2節 英統治期(1919~1961年)
第3節 独立後初期の土地政策(1960年代)
第4節 ウジャマー村政策期と移行期(1970~1990年代初期)
第5節 現行の土地改革の推進(1990年代初期~)
結語にかえて

第5章 コートジボワール農村部に適用される土地政策の変遷——植民地創設から今日まで—— / 佐藤 章

はじめに
第1節 植民地期コートジボワールでの収奪的な法制度と実態との乖離
第2節 習慣的土地利用と移民政策を組み合わせた政策の展開
第3節 土地政策の見直しと1998年土地法
第4節 コートジボワールの土地問題の現状
おわりに

第6章 コンゴ民主共和国,ルワンダ,ブルンジの土地政策史 / 武内進一

はじめに
第1節 植民地期初期
第2節 ベルギー統治期
第3節 独立以降の土地政策——1980年代まで——
第4節 1990年代以降の土地施策
まとめ

第7章 ソマリアにおける土地政策史と紛争——南部ソマリアを中心として—— / 遠藤 貢

はじめに
第1節 南部ソマリアにおける農業と伝統的な土地利用
第2節 植民地期の土地政策
第3節 独立後の土地政策関連の試み——1975年法の前史——
第4節 1975年の農業土地法,1976年の農業関連法の概要とその運用
第5節 シアド・バーレ政権崩壊後の対立図式
むすびにかえて

第8章 エチオピアにおける土地政策の変遷からみる国家社会関係 / 児玉由佳

はじめに
第1節 帝政前期(1855~1936年)——国家統一による新たな土地制度の導入——
第2節 帝政後期(1941~1974年)——中央集権化推進の試み——
第3節 デルグ政権期(1974~1991年)
第4節 EPRDF政権期(1991年~)
おわりに

終 章 アフリカの国家建設と土地政策 / 武内進一

第1節 国家建設と土地政策
第2節 本書の意義と政策的含意
第3節 今後の課題

索 引