skip to contents.

「ポスト新自由主義期」ラテンアメリカにおける政治参加  

研究双書

No.612

本書は、「ポスト新自由主義期」と呼ばれる現在のラテンアメリカ諸国に焦点を合わせ、そこでの「政治参加」の意義、役割、実態や理由を経験的・実証的に論究する試みである。


研究双書 「ポスト新自由主義期」ラテンアメリカにおける政治参加 ■ 「ポスト新自由主義期」ラテンアメリカにおける政治参加
上谷 直克  編
■ 3,456円(本体価格 3,200円)
■ A5判
■ 258pp.
■ 2014年11月発行
■ ISBN978-4-258-04612-6
オンライン購入

CONTENTS

まえがき

序 章 なぜ「ポスト新自由主義期」のラテンアメリカにおける「政治参加」なのか / 上谷直克
はじめに
第1節 なぜ「ポスト新自由主義」期なのか?
第2節 なぜ「政治参加」なのか?
第3節 本書の構成と特徴

第1章 「ボリーバル革命」における投票行動——ベネズエラ1998~2010年の選挙に関する一考察—— / 出岡直也
はじめに
第1節 事実の概要,および具体的な研究課題の設定
第2節 経済投票と革命的分極化における投票
第3節 チャベス政権を成立させた1998年選挙における投票行動——経済投票説再々考——
第4節 2004年以後チャベス政権下の投票行動に関する先行研究
第5節 2004年以後チャベス政権下の投票行動の分析
まとめに代えて

第2章 演出としての政治参加——現代ラテンアメリカ政治における政府による国民投票—— / 宮地隆廣
はじめに
第1節 ラテンアメリカの民主体制におけるGIR 再考
第2節 事例の比較
まとめ

第3章 ボリビアにおける「下から」の国民投票——2006年県自治国民投票の規定要因—— / 舟木律子
はじめに
第1節 事例の概要——ボリビア2006年県自治国民投票——
第2節 先行研究——国民投票における投票行動規定要因——
第3節 量的データによる分析
第4節 分析結果
第5節 質的データによる過程追跡
おわりに

第4章 ブラジル・サンパウロ市環境審議会の制度変容と実践的権威 / 舛方周一郎
はじめに
第1節 ブラジルにおける環境行政の制度化とサンパウロ市の環境問題
第2節 分析枠組み
第3節 サンパウロ市環境政策の形成——審議会の制度設計と制度的問題——
第4節 サンパウロ市環境政策の実施——審議会の制度変容と実践的権威——
おわりに

第5章 ラテンアメリカの資源開発と抗議運動——2008~2012年の18カ国世論調査データを用いたマルチレベル分析—— / 岡田 勇
はじめに
第1節 リサーチクエスチョン
第2節 仮説——資源レントと抗議運動——
第3節 抗議運動データ
第4節 分析
おわりに

第6章 「ポスト新自由主義期」 のエクアドルにおける反・鉱物資源採掘運動(MAMM)の盛衰 / 上谷直克
はじめに
第1節 イベントデータ分析とエクアドルの運動水準の変動をめぐる諸説
第2節 MAMM の発生経路に関するファジィセットによる質的比較分析(fs/QCA)
第3節 単一事例のクロニクルと社会ネットワーク論に依拠した分析
おわりに

索 引