skip to contents.

交錯する台湾社会  

研究双書

No.600

台湾社会はますます複雑になっている。そのまとまりは強まるのか、それとも弱まるのか。エスニシティ、アイデンティティ、市民社会・社会運動からアプローチする。


研究双書 交錯する台湾社会 ■ 交錯する台湾社会
■ 沼崎一郎 ・ 佐藤幸人  編
■ 4,968円(本体価格 4,600円)
■ A5判
■ 374pp.
■ 2012年3月発行
■ ISBN978-4-258-04600-3
オンライン購入

CONTENTS

まえがき

凡例
序章 台湾社会へのアプローチ / 沼崎一郎・佐藤幸人

はじめに
第1節 経済と政治の変動
第2節 本書の問題意識
第3節 成果の概要
第1章 社会の多元化と多層化——1990年以後のエスニシティと社会階層—— / 沼崎一郎

はじめに
第1節 1990年以前の二元的・二層的構造
第2節 エスニシティの多元化と多層化
第3節 社会階層の多元化と多層化
おわりに
第2章 台湾の女性労働・高齢者労働——日韓との比較を通じて—— / 瀬地山角
はじめに
第1節 女性労働のパターン
第2節 高齢者の就業パターン
第3節 台湾社会と少子高齢化
むすび
第3章 現代台湾社会をめぐる「求心力・遠心力」と原住民——ブヌンの事例を中心とした初歩的検討—— / 石垣直

はじめに
第1節 歴代政権による原住民政策史と原住民側の対応
第2節 省議会議員選挙・国政選挙における原住民の投票行動
第3節 馬英九政権発足後の動き
第4節 事例——人々の語り——
第5節 考察——「求心力・遠心力」と原住民——
おわりに
第4章 台湾の本土化後にみる外省人意識 / 上水流久彦

はじめに
第1節 台湾の中国化と本土化
第2節 外省人にとっての本土化
第3節 大陸との接触にみる外省人認識の変容
第4節 眷村にみる台湾のなかの外省人
第5節 韓国華僑の台湾認識から考える外省人アイデンティティ
まとめ
第5章 多文化主義言説における新移民問題 / 田上智宜

はじめに
第1節 新移民の歴史と現況
第2節 台湾多文化主義言説の系譜
第3節 族群多文化主義とその批判
第4節 2000年以降の多文化主義言説における新移民問題
おわりに
第6章 台北故宮と「中華」との距離——「建院70周年」と「建院80周年」との間の連続性と非連続性—— / 松金公正

はじめに
第1節 台北故宮の法的位置と沿革
第2節 「復院」当初の台北故宮に求められた役割
第3節 「建院70周年」と「建院80周年」
第4節 国民党の政権復帰と故宮
おわりに
第7章 台湾系企業および台湾人企業家・経営幹部からみた台湾と中国の関係 / 佐藤幸人

はじめに
第1節 分析のアプローチと調査の進め方
第2節 台湾系企業の中国における活動と台湾との関係
第3節 台湾人企業家および経営幹部の台湾と中国に対する見方
むすび
第8章 「開発と環境」をめぐる台湾社会の変動と市民参加——公害・環境紛争と環境影響評価制度を中心に—— / 寺尾忠能

はじめに
第1節 民主化の進展と環境保護運動
第2節 「自力救済」による紛争解決の問題
第3節 環境影響評価制度の形成過程
第4節 環境影響評価制度の概要
第5節 中部科学工業園区の環境影響評価
まとめ——「開発と環境」をめぐる台湾社会の変動と市民参加——
第9章 社会運動,民主主義の再定着,国家統合
            ——市民社会と現代台湾における市民的ナショナリズムの再構築(2008~2010年)——
/ 呉叡人(若畑省二訳)

はじめに——「台湾における遠心力と求心力の問題」とは何を指すのか——
第1節 問題意識と論証
第2節 論証(1) 市民社会と民主主義の定着——政権に対する牽制と有権者の政党支持変化の動態的過程——
第3節 論証(2) 市民社会と政治的正統性の再建
          ——社会運動,進歩的パトリオティズム,および台湾の市民的ナショナリズムの再構築——
むすび——自由と共同体の弁証——
あとがき

索引