skip to contents.

紛争と国家形成  —アフリカ・中東からの視角—

研究双書

No.598

紛争を単に破壊現象としてのみ捉えるのではなく、政治と社会にかかわる包括的なプロセスとして捉え直し、国家との関係を探究する紛争研究の新視角。


研究双書 紛争と国家形成 ■ 紛争と国家形成 —アフリカ・中東からの視角—
佐藤 章  編
■ 3,348円(本体価格 3,100円)
■ A5判
■ 252pp.
■ 2012年1月発行
■ ISBN978-4-258-04598-3
オンライン購入

CONTENTS

まえがき      

序 章 紛争と国家の研究に向けて——国家形成という視点の可能性——/佐藤 章
    はじめに
    第1節 近年のアフリカと中東での紛争——俯瞰的整理——
    第2節 紛争と国家の問題系
    第3節 国家建設という研究視点の限界
    第4節 国家形成という研究視点
    第5節 事例研究の着眼点
    むすび

第1章「蘇生国家」レバノンにおける紛争再生産のしくみ——「独立インティファーダ」の功罪——/青山弘之
    はじめに
    第1節 ターイフ体制の政治構造
    第2節 独立インティファーダ発生の要因とその後の対立
    第3節 暴力が政治に与えた影響
    おわりに

第2章 紛争と民主化——ケニアにおける2007/8年紛争と新憲法制定——/津田みわ
    はじめに
    第1節 2007/8年紛争とその特質
    第2節 暫定憲法枠組みの成立
    第3節 ボーマス・ドラフトの死産
    第4節 専門家主導の草案作成
    第5節 新憲法の制定と民主化
    おわりに

第3章 イラク覚醒評議会と国家形成
            ——紛争が生み出した部族の非公的治安機関と新たな問題(2003~2010年3月)——
/山尾 大
    はじめに
    第1節 紛争の発生とその変容
    第2節 非公的治安機関の形成と治安の安定化
    第3節 覚醒評議会の新展開
    おわりに

第4章 紛争後の治安回復——南アフリカのコミュニティ・ポリシング——/阿部利洋
    はじめに
    第1節 コミュニティ・ポリシング制度の実際と背景
    第2節 コミュニティ・ポリシング制度の運用
    第3節 コミュニティ・ポリシングの成否
    おわりに

第5章 機能する「崩壊国家」と国家形成の問題系——ソマリアを事例として——/遠藤 貢
    はじめに
    第1節 ソマリアをとらえる視座をめぐって
    第2節 ソマリアにおける紛争の構図と国際社会の対応
    第3節 機能する「崩壊国家」
    第4節 機能する「崩壊国家」の問題系
    おわりに

第6章 人口の管理という国家形成の課題
            ——コートジボワールの和平プロセスにおける有権者登録の事例から——
/佐藤 章
    はじめに
    第1節 国民の個別同定制度をめぐる問題
    第2節 コートジボワール社会の多元性をめぐる問題
    第3節 多元性のなかの政党間対立と個別同定の問題
    第4節 技術的不備と政党間対立——有権者登録の難航——
    第5節 人口の管理と国家、国民、民主主義
    結論

索引