skip to contents.

新興民主主義国における政党の動態と変容  

研究双書

No.584

多元社会の民主主義における政党の今日的状況を多面的に解明。アジア、アフリカ、中東、ラテンアメリカの国々を取り上げた、地域横断的な事例研究の試み。


研究双書 新興民主主義国における政党の動態と変容 ■ 新興民主主義国における政党の動態と変容
佐藤 章  編
■ 4,536円(本体価格 4,200円)
■ A5判
■ 341pp.
■ 2010年発行
■ ISBN978-4-258-04584-6
オンライン購入

CONTENTS

序章 本書の狙いとその性格について pdf / 佐藤 章
はじめに
第1節 研究会における狙い
第2節 本書の構成
第3節 今後の研究に向けた問題領域と論点
むすび

第1章 ポスト・アパルトヘイト期における南アフリカの連合政治
-「国民党/新国民党」解散をめぐる政治過程を中心として-
pdf / 遠藤 貢
はじめに
第1節 先行研究
第2節 新生南アフリカの政治制度とGNU
第3節 NP/NNP の変革・変容過程
第4節 連合政治の中のNP/NNP
第5節 NP/NNP の支持基盤の変容
おわりに

第2章 国民虹の連合(NARC)という経験
-ケニア第2代大統領モイの引退と政党機能の変容-
pdf / 津田 みわ
はじめに
第1節 地域政党の時代 —分裂を繰り返す野党勢力—
第2節 アンブレラ政党の模索 —モイの引退と離党規制の形骸化—
第3節 政権交代の成立 — KANU 瓦解とNARC 結成—
第4節 瓦解 —キバキ政権の統治とNARC —
第5節 NARC とは何だったか —加速する政党の組み替え—
おわりに

第3章 政党の合従連衡がもたらす宗派対立の回避
-戦後イラクの政党政治と権力闘争(2003年~2008年8月)-
pdf / 山尾 大
はじめに
第1節 戦後イラクにおける政党の性格と促進される合従連衡
第2節 政党の権力闘争と合従連衡のポリティクス
第3節 合従連衡の力学と宗派対立の深化回避のメカニズム
結論

第4章 宗派主義制度が支配する政党間関係
-不安定化するレバノン(2005年4月~2008年5月)-
pdf / 青山 弘之
はじめに
第1節 宗派主義制度下の政党
第2節 政党活動の活性化がもたらす内政麻痺
おわりに

第5章 多民族権力分有体制下の党内抗争
-統一マレー人国民組織(UMNO)の事例-
pdf / 中村 正志
はじめに
第1節 多数派民族政党の政策選択
第2節 政治制度が政策選択にもたらす影響
第3節 UMNO の分裂と党首交代のメカニズム
むすび

第6章 「民主化」後コートディヴォワールにおける民族と政党
-「イヴォワール人性」をめぐる各政党の対応から-
pdf / 佐藤 章
はじめに
第1節 「民主化」後コートディヴォワールにおける三大政党
第2節 「イヴォワール人性」をめぐる問題
第3節 「イヴォワール人性」条項への各政党の対応
第4節 コートディヴォワールにおける民族と政党
結論

第7章 ブラジルとアルゼンチンにおける政党政治の変容と民主主義
-州レベルの「伝統政治」という視角からの考察-
pdf / 出岡 直也
はじめに —ラテンアメリカ政治の分岐の中でのブラジルとアルゼンチン—
第1節 本章の視角設定
第2節 両国の経緯の概要
第3節 ブラジルとアルゼンチンの政治の共通性についての一視角
—政党政治,「強い連邦制」,サブナショナル・レベルの「伝統政治」—
第4節 ブラジルにおける政党政治・「伝統政治」の変容と民主主義
第5節 アルゼンチンにおける政党政治・「伝統政治」の変容と民主主義
まとめ

第8章 政党政治を乗り越える?
-ラテンアメリカにおける「社会運動」の政治的潜在力とその限界-
pdf / 上谷 直克
はじめに
第1節 政治的活動空間の開放または制約
第2節 興隆する社会運動の姿
第3節 社会運動とポピュリスト政治家との相克 —競合・共棲・恭順・協調—
むすび —そして,民主主義へのインプリケーション—