skip to contents.

現代アフリカ農村と公共圏  

研究双書

No.581

1980年代以降、経済自由化や民主化によって、サブサハラ・アフリカの農村は大きく変容しつつある。詳細な現地調査に基づいて、農村の社会変容を公共圏の視点から読み解く。


研究双書 現代アフリカ農村と公共圏 ■ 現代アフリカ農村と公共圏
児玉 由佳  編
■ 4,104円(本体価格 3,800円)
■ A5判
■ 307pp.
■ 2009年発行
■ ISBN978-4-258-04581-5
オンライン購入

CONTENTS

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念 pdf / 児玉由佳
はじめに
第1節 市民社会と公共圏の概念の検討
第2節 アフリカ農村社会に関する先行研究の検討
第3節 本書の構成と主な論点

第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 —市民社会/共同体の二元論をこえて— pdf / 松村圭一郎
はじめに
第1節 アフリカの市民社会/共同体への視座
第2節 エチオピア農村社会の現代的状況
第3節 社会関係の複合性
第4節 「公共圏」をつくりだす
おわりに

第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会-ガーナの事例から- pdf / 高根務
はじめに
第1節 アフリカ諸国における生産者組織
第2節 ガーナにおける生産者組織
結論

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障
—タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析—
pdf / 上田元
はじめに
第1節 非木材林産物の利用と管理
第2節 公共圏に馴化した参加制度—タンザニア北部メル山南斜面-
第3節 制度導入の進まない森林保護区—ケニア中央部アバーデア山脈北東麓-
第4節 考察
おわりに

第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正 pdf / 大山修一
はじめに
第1節 ザンビアにおける土地制度の変遷
第2節 地域概要
第3節 ベンバの土地とチーフ,農村の公共圏
第4節 土地制度の改正と焼畑農耕民社会の混乱
第5節 慣習地の囲い込みにともなう公共圏の崩壊の危険性
おわりに

第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法—アブンジを中心に- pdf / 武内進一
はじめに
第1節 アブンジ制度
第2節 アブンジの実態
第3節 アブンジの性格と評価
結び—民衆司法導入の意味-

補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体
—タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって—
pdf / 杉村和彦
はじめに
第1節 アフリカにおける共同体の特質とマテンゴ社会
第2節 消費の共同体における公共圏のかたち
第3節 セングの再創造
第4節 開かれた共同性と新しい「公共圏」の創生
おわりに

補章2 農村部における女性世帯主の公共圏への参加 -エチオピア・アムハラ州農村部の事例- pdf / 児玉由佳
はじめに
第1節 ジェンダーと市民社会・公共圏-フェミニズムの議論から-
第2節 エチオピア・アムハラ州の農村社会におけるジェンダー
第3節 調査方法と本調査の限界
第4節 調査地をとりまく政治経済的状況
第5節 女性世帯主の住民組織への参加状況
おわりに