文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

インド民主主義体制のゆくえ  —挑戦と変容—

インド民主主義体制の現実を議会制度、労働運動、後進階級、草の根自治、地域主義、辺境の自治、ヒンドゥー民族主義、テロ問題、農村の極左武装闘争等から多面的に分析。

■ インド民主主義体制のゆくえ —挑戦と変容—
近藤 則夫  編
■ 5,400円(本体価格 5,000円)
■ A5判
■ 410pp
■ 2009年
■ ISBN978-4-258-04580-8

CONTENTS

はじめに
第1節 インド民主主義体制における政党システムの変容
第2節 民主主義体制の変容 —政治参加の拡大,疎外,抵抗—
おわりに

序論 —インドにおける「議会の衰退」—
第1節 議事運営の長期的な趨勢
第2節 主要議事内容の分析
第3節 委員会制度の活用と問題点
結論 —「議会の衰退」とインド民主主義—

序論
第1節 先行研究と検討の視点
第2節 国家・政府の労使関係への介入 —制度的要因と背景—
第3節 労働組合の組織化趨勢
第4節 労働運動の力学
結論

序論
第1節 公益訴訟の動態
第2節 タークル判決
第3節 憲法の基本構造
結論
資料

序論
第1節 パンチャーヤトの制度改革
第2節 調査地・調査方法・調査対象者の概要
第3節 パンチャーヤト議員と立候補者の社会経済的属性と資質
第4節 村民会議
第5節 住民参加と開発政治
結論

序論
第1節 テランガーナ州創設運動の背景と研究動向
第2節 2 つの時期のテランガーナ州創設運動 —政党の動きを中心に—
第3節 比較と考察 —政党システムとのかかわり—
結論

序論
第1節 憲法第6 付則成立の背景と制憲議会議論
第2節 憲法第6 付則の特徴と問題点
第3節 「ボドランド領域県」問題
結論

序論
第1節 「ヒンドゥー・ナショナリズム」の展開と問題の所在
第2節 マハーラーシュトラ州1992-93年 —コミュナル暴動とヒンドゥー・ナショナリズムの拡大—
第3節 グジャラート州2002年 —コミュナル「暴動」とヒンドゥー多数派の専制—
第4節 UP州 —ヒンドゥー・ナショナリズムの「抑制」—
結論

序論 —テロ対策における安全保障と人権—
第1節 インドのテロ対策法制の歴史
第2節 POTA における安全保障と人権の「バランス」
第3節 POTA の政治過程
結論

序論
第1節 ナクサライト運動の展開
第2節 議会闘争路線への転換 —ビハール州の事例—
第3節 和平交渉の実現と決裂 —アーンドラ・プラデーシュ州の事例—
結論