文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アジア開発途上諸国の投票行動  —亀裂と経済—

アジア途上国で有権者は何を基準に政権選択をしているのか。5カ国の定量分析により、政権の経済実績や社会の亀裂の重要性と、先進国との違いを明らかにした。

■ アジア開発途上諸国の投票行動 —亀裂と経済—
間 寧  編
■ 4,428円(本体価格 4,100円)
■ A5判
■ 332pp
■ 2009年
■ ISBN978-4-258-04577-8

CONTENTS

はじめに
第1節 先行研究概観
第2節 研究設計
第3節 主な知見
おわりに

序論
第1節 選挙政治の特色と研究の動向
第2節 選挙におけるヒンドゥー多数派と宗教的少数派
第3節 経済投票とヒンドゥー・ムスリム間の宗派間亀裂による投票
第4節 宗派間亀裂投票と経済投票の顕在化——1962年から1999年の展開——
結論

序論
第1節 スリランカにおける選挙政治と政党政治
第2節 先行研究の検討と本論における研究方針
第3節 スリランカにおける有権者の投票行動
結論

序論
第1節 先行研究概観—トルコにおける投票行動—
第2節 方法論—仮説、データ、方法—
第3節 マクロ分析—不安定経済、支配の対価、責任明瞭性—
第4節 ミクロ分析—党派、経済/家計、過去/将来、亀裂、賞罰—
結論

序論
第1節 長期的傾向の要因(1)—政党間競合のパターンと亀裂投票の関係—
第2節 長期的傾向の要因(2)—異民族亀裂投票効果の検証—
第3節 短期的変動の要因
結論

序論
第1節 インドネシアにおける選挙と投票行動研究
第2節 方法論
第3節 亀裂投票の再生と不明瞭な業績投票
結論
補論