文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

岐路に立つIMF  —改革の課題、地域金融協力との関係—

アジア通貨危機などの大規模な資本収支危機の経験から、IMFは何を学び、また、学ばなかったのか。IMFの改革に向けた課題、地域金融協力との関係について探る。

■ 岐路に立つIMF —改革の課題、地域金融協力との関係—
■ 国宗 浩三  編
■ 3,348円(本体価格 3,100円)
■ A5判
■ 248pp
■ 2009年
■ ISBN978-4-258-04576-1

CONTENTS

序章 岐路に立つIMF / 国宗浩三

第1節 本書の狙い
第2節 本書の構成
第3節 各章のまとめ
おわりに——東アジア地域金融協力とIMF——

第Ⅰ部 IMFの現状と課題

はじめに
第1節 IMF設立協定
第2節 融資機能とその変遷にともなうIMFの役割変化
第3節 中期戦略の中心的課題
第4節 中期戦略の評価
おわりに
補論 IMF理事会のガバナンスと他国際機関との役割分担について

はじめに
第1節 新興市場経済の国際収支危機とIMFの対応
第2節 新興市場経済とその対外脆弱性の所在
第3節 リザーブ増強ラインの評価
おわりに

はじめに——過去に学ぶということ——
第1節 IMFの設立と概要
第2節 IMFの経済学
第3節 IMFの改革に向けて
おわりに——危機の政治経済学は進歩しているか——

第Ⅱ部 地域金融協力とIMF

はじめに
第1節 アジア通貨危機の発生とAMF
第2節 マニラ・フレームワーク会合とチェンマイ・イニシアチブ
第3節 アジア債券市場育成に関する協力の枠組み
むすびにかえて

第1節 地域金融協力はなぜ必要か?
第2節 東アジア金融協力の課題とIMF
第3節 危機管理以外のテーマ

第Ⅲ部 IMFプログラムの理論的枠組み

第1節 国際収支不均衡への対応方法
第2節 FPの基本モデル
第3節 内政変数、外生変数、目標変数、政策変数の区分について
第4節 拡張モデル1——国際収支の内訳——
第5節 FP策定の手順と「再計算」
第6節 拡張モデル1の構造を分析する
第7節 拡張モデル2——財政部門——
第8節 拡張モデル3——金融部門——
第9節 イースタリーの批判
おわりに

はじめに
第1節 2つのIMFモデルとその経済学的背景
第2節 FP モデル
第3節 Global Economy Model
第4節 IMF経済モデルによる経済評価の妥当性
おわりに