skip to contents.

台湾の企業と産業  

研究双書

No.574

過去20年大きく変容した台湾経済を多面的に分析。地場民間大企業など各種企業、新興製造業のTFT-LCDと携帯電話端末、サービス業では金融と航空貨物に注目した。


研究双書 台湾の企業と産業 ■ 台湾の企業と産業
佐藤 幸人  編
■ 4,428円(本体価格 4,100円)
■ A5判
■ 325pp.
■ 2008年発行
■ ISBN978-4-258-04574-7
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 佐藤 幸人
序章 台湾経済研究の課題と本書の成果 pdf / 佐藤 幸人
はじめに
第1節 1980年代後半以降の台湾経済の変化
第2節 これまでの研究
第3節 台湾経済に対する新しい理解
むすび

第1章 台湾企業の規模の拡大,内製化および企業間関係の深化とフォーマル化 pdf / 佐藤 幸人
はじめに
第1節 先行研究における台湾企業像
第2節 規模の拡大
第3節 中小企業と分業システムの変化
むすびにかえて

第2章 台湾TFT-LCD産業の発展メカニズム—追随戦略と生産工程に生じたイノベーションの視点から— pdf / 赤羽 淳
はじめに
第1節 台湾TFT-LCD産業の発展過程
第2節 先行研究のサーベイと本章の分析視点
第3節 台湾TFT-LCD企業の事業戦略の特徴
第4節 TFT-LCDの生産工程に生じたイノベーション
第5節 台湾TFT-LCD産業の急速なキャッチアップのメカニズム
第6節 台湾TFT-LCD産業の課題
むすびにかえて

第3章 研究開発の国際化を通じたブレイクスルーの模索—明基電通の挑戦と挫折— pdf / 伊藤 信悟
はじめに
第1節 台湾企業の研究開発の国際化とその特徴
第2節 先行研究とその限界
第3節 分析対象としての明基電通の意義
第4節 明基電通の研究開発の国際化
第5節 シーメンス社携帯電話端末部門の買収とその失敗
むすびにかえて

第4章 増加する台湾の航空貨物輸送—製造業の国際化・政府の役割・航空会社の戦略— pdf / 池上 寬
はじめに
第1節 台湾における航空貨物の現状
第2節 グローバル化する製造業と航空貨物の増加
第3節 国際航空貨物輸送におけるインフラ整備
第4節 航空会社の国際航空貨物における戦略
おわりに

第5章 台湾における公営事業の民営化—経済部所属国営事業を中心に— pdf / 北波 道子
はじめに
第1節 民営化以前
第2節 民営化政策の始動と進捗
第3節 民営化後の企業統治と大規模国営事業の民営化
おわりに

第6章 台湾日系企業の発展プロセスと新動向 pdf / 劉 仁傑
はじめに
第1節 台湾日系企業の歴史と現状
第2節 台湾日系企業の事業変革
第3節 2000年以降の新動向
第4節 台湾における「製造優位」と日系企業の行方

第7章 台湾家族所有型企業グループにおける家族の論理と事業の論理の交錯 pdf / 川上 桃子
はじめに
第1節 先行研究の検討とウォン・モデル
第2節 台湾における家族所有型企業グループの位置づけとその変化
第3節 金融業の家族所有型企業グループにみる家族の論理と事業の論理
むすび

第8章 台湾セメント産業における寡占体制の形成 pdf / 湊 照宏
はじめに
第1節 需要超過と民間資本の新規参入(1940年代後半~1950年代)
第2節 需給の拡大的均衡と寡占体制の形成(1960年代)
おわりに——公営独占から民間寡占へ