skip to contents.

経済危機後の韓国  —成熟期に向けての社会・経済的課題—

研究双書

No.558

経済危機から目覚ましい回復を遂げた韓国の「光」と「影」とは?途上国的問題と先進国的問題が入り交じる現代韓国の社会・経済を多角的に分析する。


研究双書 経済危機後の韓国 ■ 経済危機後の韓国 —成熟期に向けての社会・経済的課題—
■ 奥田 聡  編
■ 4,212円(本体価格 3,900円)
■ A5判
■ 310pp.
■ 2007年発行
■ ISBN978-4-258-04558-7
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 奥田 聡
序章 経済危機後における韓国経済・社会の「光と影」 pdf / 奥田 聡
はじめに
第1節 韓国経済危機
第2節 経済危機後の目覚ましい回復——新進先進国の栄光
第3節 目覚ましい回復の陰で
第4節 本書のねらいおよび構成

第1章 職業移動を通じてみる韓国の都市自営業層——経済危機後の変化の考察を中心に—— pdf / 有田 伸
はじめに
第1節  マクロ統計を通じてみる韓国の都市自営業層
第2節 都市自営業部門への/からの職業移動
第3節 都市自営業者の所得と職業移動がもたらす所得の変化
おわりに

第2章 1990年代以降の韓国における就業体制の変化と労働力の非正規化——日本との比較分析を中心に—— pdf / 横田伸子
はじめに——問題の提起
第1節 日韓の就業構造の比較分析
第2節 労働力の非正規化と「インフォーマリティ」の規定のされ方
第3節 日韓労働者家族の生活構造の比較分析
結論

第3章 持続可能なセーフティネット構築に向けての課題——高齢化対策を中心にみる韓国の福祉政策—— pdf / 株本千鶴
はじめに
第1節 「生産的福祉」と「参与福祉」——経済危機後のグランドデザイン
第2節 少子高齢社会に対応するセーフティネットづくり
第3節 介護保障制度の設計
第4節 持続可能なセーフティネット構築の特徴と課題

第4章 経済危機後の就業貧困層問題と公的扶助改革 pdf / 五石敬路
はじめに
第1節 基礎法成立の社会的背景とその特徴
第2節 自活支援事業と就業貧困層の実態
おわりに

第5章 韓国の年金問題——急速な少子高齢化と制度改編の必要性—— pdf / 奥田 聡
はじめに
第1節 韓国の公的年金制度の概観
第2節 韓国国民年金が抱える問題点
第3節 問題解決への努力——年金法改正論議
おわりに——年金改革, 今こそ実施を

第6章 韓国財政の再編と課題——財政圧迫要因の台頭と健全化への模索—— pdf / 渡辺雄一
はじめに
第1節 経済危機以前の財政運営
第2節 経済危機後の財政運営
第3節 歳出面の課題——増大する財政需要とその負担
第4節 歳入面の課題——政策ツールとしての租税
第5節 韓国財政の持続可能性の模索
おわりに

第7章 経済危機後の財閥再編と事業再構築 pdf / 安倍 誠
はじめに
第1節 財閥の多角化と財閥改革
第2節 財閥の順位と規模の変化
第3節 財閥の事業再構築と産業再編
第4節 新グループの誕生と財閥の行方
むすびにかえて

第8章 韓国の成熟先進国化と対外競争力の確立——対北東アジア経済関係を中心に—— pdf / 任 千錫
はじめに
第1節 韓国の産業発展の特徴と国際競争力の要因
第2節 中国経済の浮上と韓中経済関係の拡大
第3節 対日経済関係の再認識
むすび——まとめと今後の政策方向