文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

経済危機後の韓国  —成熟期に向けての社会・経済的課題—

経済危機から目覚ましい回復を遂げた韓国の「光」と「影」とは?途上国的問題と先進国的問題が入り交じる現代韓国の社会・経済を多角的に分析する。

■ 経済危機後の韓国 —成熟期に向けての社会・経済的課題—
■ 奥田 聡  編
■ 4,212円(本体価格 3,900円)
■ A5判
■ 310pp
■ 2007年
■ ISBN978-4-258-04558-7

CONTENTS

まえがき / 奥田 聡

はじめに
第1節 韓国経済危機
第2節 経済危機後の目覚ましい回復——新進先進国の栄光
第3節 目覚ましい回復の陰で
第4節 本書のねらいおよび構成

はじめに
第1節  マクロ統計を通じてみる韓国の都市自営業層
第2節 都市自営業部門への/からの職業移動
第3節 都市自営業者の所得と職業移動がもたらす所得の変化
おわりに

はじめに——問題の提起
第1節 日韓の就業構造の比較分析
第2節 労働力の非正規化と「インフォーマリティ」の規定のされ方
第3節 日韓労働者家族の生活構造の比較分析
結論

はじめに
第1節 「生産的福祉」と「参与福祉」——経済危機後のグランドデザイン
第2節 少子高齢社会に対応するセーフティネットづくり
第3節 介護保障制度の設計
第4節 持続可能なセーフティネット構築の特徴と課題

はじめに
第1節 基礎法成立の社会的背景とその特徴
第2節 自活支援事業と就業貧困層の実態
おわりに

はじめに
第1節 韓国の公的年金制度の概観
第2節 韓国国民年金が抱える問題点
第3節 問題解決への努力——年金法改正論議
おわりに——年金改革, 今こそ実施を

はじめに
第1節 経済危機以前の財政運営
第2節 経済危機後の財政運営
第3節 歳出面の課題——増大する財政需要とその負担
第4節 歳入面の課題——政策ツールとしての租税
第5節 韓国財政の持続可能性の模索
おわりに

はじめに
第1節 財閥の多角化と財閥改革
第2節 財閥の順位と規模の変化
第3節 財閥の事業再構築と産業再編
第4節 新グループの誕生と財閥の行方
むすびにかえて

はじめに
第1節 韓国の産業発展の特徴と国際競争力の要因
第2節 中国経済の浮上と韓中経済関係の拡大
第3節 対日経済関係の再認識
むすび——まとめと今後の政策方向