skip to contents.

西・中央アジアにおける亀裂構造と政治体制  

研究双書

No.555

民族・宗教・地域的多様性のもとでなぜ政治が安定?鍵は、亀裂構造の政治体制への反映様式にあった。トルコ、イエメン、シリア、カザフスタンにおける競合と支配の構図。


研究双書 西・中央アジアにおける亀裂構造と政治体制 ■ 西・中央アジアにおける亀裂構造と政治体制
間 寧  編
■ 3,240円(本体価格 3,000円)
■ A5判
■ 253pp.
■ 2006年10月発行
■ ISBN4-258-04555-1
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 間 寧


第1章 総論:西・中央アジア諸国における亀裂構造と政治体制 pdf / 間 寧
はじめに
第1節 開発途上国における亀裂構造と政治体制—先行研究概観—
第2節 本書の概観
第3節 主な知見
おわりに

第2章 トルコ:「周辺」の多元化と政党制への反映 pdf / 間 寧
はじめに
第1節 トルコにおける亀裂の先行研究—「中心・周辺」議論とその問題点—
第2節 方法論
第3節 「周辺」の多元化—個人・地域レベルの分析—
第4節 「周辺」勢力の分裂発展過程-親イスラーム政党と親クルド政党
おわりに

第3章 イエメン:政党政治の成立と亀裂 pdf / 松本 弘
はじめに
第1節 地方間対抗軸
第2節 統一以前の政治史と亀裂
第3節 統一と民主化
第4節 選挙結果と政党政治
おわりに

第4章 シリア:権威主義体制に対するクルド民族主義勢力の挑戦 pdf / 青山弘之
はじめに
第1節 シリアにおける亀裂構造
第2節 「クルド問題」とクルド民族主義勢力
第3節 B・アサド政権下でのクルド民族主義勢力の活動
おわりに

第5章 カザフスタン:権威主義体制における民族的亀裂の統制 pdf / 岡奈津子
はじめに
第1節 多民族国家と政治的安定
第2節 民族エリートの統制
第3節 議会選挙と民族的亀裂
おわりに