文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

新興工業国の社会福祉  -最低生活保障と家族福祉-

新興工業諸国等における社会福祉制度はどのような特色を有し、いかなる背景で形成されていったのか。特に対象を最低生活保障と家族の社会福祉に絞り分析を加える。

■ 新興工業国の社会福祉 -最低生活保障と家族福祉-
■ 宇佐見 耕一  編
■ 4,968円(本体価格 4,600円)
■ A5判
■ 421pp
■ 2005年11月

CONTENTS

第I部 総論

はじめに
第1節 問題の設定
第2節 比較福祉論の先行研究と分析の枠組み
第3節 社会福祉制度の形成要因
第4節 社会福祉の傾向と各論の概要

はじめに
第1節 市民社会への注目
第2節 福祉国家の相違
第3節 福祉レジームの効果
おわりに-新興福祉国家論の第二段階へ

第II部 最低生活保障

はじめに-視角と課題
第1節 公的扶助政策・法令の変遷
第2節 生計扶助・貧困救済の実態
第3節 普遍的最低生活保障とワークフェアの実態と課題
第4節 「福祉革命」の主体と意義
むすび

はじめに-問題意識と先行研究
第1節 膨張する「自由主義レジーム」下の社会扶助
第2節 政府の新方針と対策
第3節 政策転換の要因と予想外の結果
おわりに

はじめに
第1節 問題設定
第2節 民主化初期の社会手当改革-高齢者手当と児童扶養手当
第3節 失業者への所得保障-基本所得手当と公共事業プログラム
おわりに

はじめに
第1節 都市貧困の現況
第2節 社会扶助政策の現状
第3節 社会扶助政策決定のプロセス
おわりに

第7章 ブラジルの普遍主義的な社会政策と社会扶助プログラムにおける重点主義 / 子安昭子

はじめに
第1節 ブラジルの貧困状況
第2節 民主化と社会政策-歴史的考察
第3節 カルドーゾ政権と社会扶助基本法(LOAS)
第4節 ルーラ政権の社会保護ネットワークと家族基金(Bolsa Familia)
おわりに

第1節 崩壊する平等社会-所得格差と貧困問題の表面化
第2節 貧困対策としての社会扶助
おわりに

第III部 家族の社会福祉

はじめに
第1節 「単位」社会における福祉システム
第2節 都市部の高齢者福祉の現状
第3節 高齢者福祉におけるウェルフェア・ミックスとその形成要因
おわりに

はじめに
第1節 家族に関する規範
第2節 家族の変容と家族主義
第3節 DIFと家族支援政策
むすびにかえて

はじめに
第1節 児童福祉制度の展開
第2節 児童福祉の理念と子供観
むすびにかえて