skip to contents.

現代中国の政治変容  -構造的変化とアクターの多様化-

研究双書

No.547

社会の多元化、体制の安定化という構造的変化が起きている中国。その政治過程におけるアクターの多様化を、政治、経済、外交の事例研究を通じ明らかにした。


研究双書 現代中国の政治変容 ■ 現代中国の政治変容 -構造的変化とアクターの多様化-
■ 佐々木 智弘  編
■ 3,240円(本体価格 3,000円)
■ A5判
■ 270pp.
■ 2005年10月発行
オンライン購入

CONTENTS

序章 中国の構造的変化と政治課程におけるアクターの多様化 pdf / 佐々木智弘
はじめに
第1節 中国の構造的変化に対する認識
第2節 構造的変化と新しい研究対象
第3節 本書のねらいと成果


第1章 都市における社会側政治アクターとその行動の諸類型 / 渡辺剛
はじめに
第1節 社会側政治アクター勃興の環境要因
第2節 地方政治における政策決定過程の基本構造
第3節 社会側政治アクターの種類と影響力行使の方法
第4節 私営企業家と企業・業種団体
おわりに


第2章 中国村落政治のアクター分析-道路建設と村有企業設立を事例として- pdf / 田原史起
はじめに
第1節 村財政の構造
第2節 村落事務にみるアクターの連関
むすび


第3章 情報公開の推進過程 pdf / 唐亮
第1節 問題の所在
第2節 政務公開の流れ
第3節 政府スポークスマン制度
第4節 情報公開条例の整備状況
第5節 結論に代えて-主要なアクターと情報公開とのかかわり-


第4章 少数民族の在外運動組織 / 星野昌裕
はじめに
第1節 ウイグル民族運動の在外組織の結成-1996年から1999年まで-
第2節 内モンゴル人民党の創設-1997年-
第3節 在外ウイグル民族運動に対する中国当局の対応
第4節 在外ウイグル民族運動組織の再編と創設-2004年-
第5節 在外ウイグル民族運動の現状と各政治アクターの展望
おわりに


第5章 電気通信業をめぐる政府と企業-固定キャリアの移動電話市場参入(1999~2003年)を事例として- pdf / 佐々木智弘
はじめに-問題の所在-
第1節 前史
第2節 PHSの争点化とPHSの発展、その抑制の経緯(1999年5月~2001年8月)
第3節 アクター分析(その1)
第4節 大都市でのPHS解禁の経緯(2001年6月~2003年7月)
第5節 アクター分析(その2)
おわりに


第6章 物流政策をめぐるアクターと相互関係 pdf / 大西康雄
はじめに
第1節 産業政策の現状概観
第2節 物流業の現状と物流政策
第3節 物流政策をめぐる主要アクターの抽出、整理
第4節 物流政策文書の形成と各アクターの関与
第5節 今後の研究課題
おわりに


第7章 中国のWTO加盟をめぐる対外政策過程-日中二国間協議を事例として- pdf / 海老原毅
はじめに
第1節 中国のWTO加盟に関する日中二国間協議の背景
第2節 中国のWTO加盟をめぐる日中二国間協議過程の分析
第3節 中国のWTO加盟に関する日中二国間協議からみるアクターと交渉の特徴
おわりに