文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

金融政策レジームと通貨危機  -開発途上国の経験と課題-

金融政策と為替レート制度からなる「金融政策レジーム」の視点から、90年代以降の開発途上国における通貨危機とインフレーションを分析する。

■ 金融政策レジームと通貨危機 -開発途上国の経験と課題-
三尾 寿幸  編
■ 3,996円(本体価格 3,700円)
■ A5判
■ 334pp
■ 2003年12月

CONTENTS

まえがき / 三尾 寿幸

/ 三尾寿幸

1.本書の目的と分析結果
2.本書の構成

第1節 開発途上国におけるインフレーション・成長・為替レート
第2節 金融政策レジームとしての固定相場制度
第3節 変動相場制度下の三つの金融政策レジーム
おわりに

はじめに
第1節 アジア諸国の為替レート政策
第2節 通貨危機前後の為替レート政策の変容
第3節 アジア諸国の為替レート政策と輸出競争力
第4節 アジア金融通貨危機の教訓
補論 通貨危機直前のタイの為替政策

はじめに
第1節 1980年代から1990年代央にかけての金融政策
第2節 海外からの資金流入と金融政策
第3節 金融危機と経済システムの崩壊
第4節 金融危機後の金融政策と課題
まとめ

はじめに
第1節 金融政策
第2節 為替レート政策
第3節 国際資本移動
おわりに

はじめに
第1節 為替レート政策の変遷と現行管理フロート制下での為替レートの伸縮性
第2節 金融政策運営:インフレーション・ターゲティングへの移行
第3節 インフレーション・ターゲティングのもとでの為替レートのマネジメント
第4節 実質為替レート,非貿易財相対価格の変動とその背景
むすび

はじめに
第1節 アルゼンチンのカレンシー・ボード制
第2節 カレンシー・ボード制の理論分析
結語

はじめに
第1節 開発途上国における大量資本流入
第2節 メキシコの通貨危機のメカニズム
第3節 通貨危機後の金融政策
第4節 インフレーション・ターゲティングとの関係
おわりに

はじめに
第1節 為替レート固定化に基づく経済安定政策
第2節 資本流入と政策対応
第3節 為替レート制度の変化
おわりに

はじめに
第1節 1980年以降の金融政策運営
第2節 インフレ原因の先行研究:財政赤字と通貨供給
第3節 予備的分析1:財政赤字,通貨供給とインフレ
第4節 予備的分析2:政治圧力と財政支出
第5節 中央銀行の独立性
第6節 まとめと展望

はじめに
第1節 インフレーション・ターゲティングの理論
第2節 開発途上国へのインフレーション・ターゲティング適用上の問題
おわりに