文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

民主化時代のインドネシア  -政治経済変動と制度改革-

民主化時代に足を踏み入れたインドネシアはどこへ向かうのか。スハルト政権崩壊後の政治経済変動を多角的に描き出し、歴史的視点からの分析と今後の展望を試みる。

■ 民主化時代のインドネシア -政治経済変動と制度改革-
佐藤 百合  編
■ 5,076円(本体価格 4,700円)
■ A5判
■ 432pp
■ 2002年3月

CONTENTS

まえがき / 佐藤 百合

はじめに
第1節 五つの時代区分、三つの視点、三つのアプローチ
第2節 政治体制、経済体制、国家-社会関係の歴史的変遷
第3節 スハルト体制変容期に何が起きていたか 
第4節 「改革の時代」に何が起きているか
第5節 「改革の時代」の歴史的位置づけと今後の行方

はじめに
第1節 1945年憲法の制定
第2節 1945年憲法と権威主義体制
第3節 民主化と1945年憲法 
第4節 1945年憲法の変容と「議会優位型大統領制」における政治
おわりに
〔資料〕 1945年インドネシア共和国憲法全文

第3章 ポスト・スハルト時代の政党政治—変化と連続性— / リザル・スクマ(川村晃一訳)

はじめに
第1節 インドネシアにおける政党政治——政党の興亡
第2節 複数政党政治の復活——変化と連続性
第3節 ポスト・スハルト体制期における政党政治の力学—イデオロギー闘争かプラグマティズムか・・・
第4節 イスラム政党の統一を形成するうえでの問題—政党政治と民主化移行における課題
おわりに

はじめに
第1節 国軍の政治介入——史的発展
第2節 軍内対立と民主化対応
第3節 スハルト政権下の国軍政治
第4節 ハビビ政権下の国軍政治
第5節 アブドゥルラフマン・ワヒド政権下の国軍政治
第6節 展望と課題

はじめに
第1節 地方行政の歴史的展開
第2節 せめぎ合う中央と地方——資源をめぐる適正利益配分問題
第3節 地方分権化の現状と問題点
第4節 学習機会としての地方分権化

はじめに
第1節 インドネシアの経済政策——なぜ「経済所有構造への介入政策」か
第2節 経済所有構造への介入政策の歴史的展開 
第3節 ポスト・スハルト時代における経済再建政策と所有再編
第4節 所有再編の現状と政策課題をどう捉えるか

はじめに
第1節 分析の視点と工業化の指標および統計データ
第2節 全産業における製造業の位置づけ
第3節 力強い輸入代替工業化と広範な輸出指向工業化(1971~85年)
第4節 輸出指向と選別的な輸入代替の時代(1985~90年)
第5節 輸出指向化の減速・後退と輸入代替化の復活(1990~95年)
第6節 経済危機を通じた産業構造変化(1995年~99年)
第7節 まとめと今後の展望

はじめに
第1節 金融部門に関する政策の変遷
第2節 金融市場の反応
第3節 商業銀行の財務指標分析
おわりに