文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

ラテンアメリカ福祉国家論序説  

将来的なラテンアメリカ福祉国家像形成を視野に入れつつ、ラテンアメリカ諸国の雇用政策と社会保障政策の背景、特徴、問題点などを検討する。

■ ラテンアメリカ福祉国家論序説
■ 宇佐見 耕一  編
■ 3,672円(本体価格 3,400円)
■ A5判
■ 299pp
■ 2001年3月

CONTENTS

まえがき / 宇佐見 耕一

第Ⅰ部 総論編

第1節 福祉国家論とラテンアメリカ
第2節 政治・経済パラダイムの変遷と福祉国家
第3節 財政からみたラテンアメリカの福祉国家
第4節 本書の構成

はじめに
第1節 新自由主義と福祉改革
第2節 ラテンアメリカにおける福祉改革
第3節 福祉の新たなパラダイム
まとめ

第Ⅱ部 雇用編 

はじめに
第1節 経済構造の再編と社会コスト
第2節 世帯と生存戦略
第3節 社会政策と女性
むすびにかえて

はじめに
第1節 1940年体制
第2節 社会自由主義的国家と職業教育制度改革
第3節 職業教育と社会福祉
むすび

はじめに
第1節 大量失業経済への大転換
第2節 ネオ・リベラル改革
第3節 雇用関係の柔軟化:労働改革と「日本化」
第4節 雇用政策とその限界
おわりに—アリアンサ連合政権:「第三の道」は可能か

第Ⅲ部 社会保障編 

はじめに
第1節 1995年改正社会保険法による新年金制度の概要
第2節 なぜ年金改革か—政策当局による見解
第3節 改革への批判と評価
むすびにかえて—制度構築の基盤となる人間像

はじめに
第1節 年金制度のあらまし
第2節 「改革」ではなく「部分的手直し」
第3節 これまでの「部分的手直し」への評価
むすび

はじめに
第1節 社会保障政策の展開
第2節 福祉国家の理想と現実との乖離
第3節 社会保障制度改革
第4節 社会保障構造:「階層化」ないし「断片化」
おわりに—新自由主義体制下の課題

はじめに
第1節 アルゼンチンの医療制度の概略
第2節 社会医療保険の成立
第3節 社会医療保険制度の展開
第4節 社会医療保険制度改革
おわりに