skip to contents.

現代アフリカの紛争  —歴史と主体—

研究双書

No.500

近年アフリカで頻発する紛争の原因と特質は何か。エスニシティーやアイデンティティーは紛争といかに関わるのか。今日の紛争の意味を探る。


研究双書 現代アフリカの紛争 ■ 現代アフリカの紛争 —歴史と主体—
武内 進一  編
■ 4,968円(本体価格 4,600円)
■ A5判
■ 412pp.
■ 00年1月 第1刷 / 2001年10月 第2刷発行
オンライン購入

CONTENTS

序章 アフリカの紛争─その今日的特質についての考察─ pdf / 武内進一
アフリカの紛争における今日的特質
今日のアフリカをめぐる政治経済的環境
アフリカの国家と紛争
越境する内戦
暴力の再解釈
本書の構成

(参考文献)

第I部 紛争のなかのエスニシティー
第1章 日常的民族紛争と超民族化現象─ケニアにおける1997~98年の民族間抗争事件か─ pdf / 松田素二
はじめに
第1節 民族紛争への眼差し
第2節 現代ケニアにおける民族紛争の諸相
第3節 民族紛争のルーツと1950年代のアフリカナショナリズム
第4節 リフトバレー州の土地問題
第5節 ケニアにおける超民族化現象
第6節 カレンジン現象の展開
おわりに──超民族化と民族紛争
(参考文献)

第2章 複数政党制移行後のケニアにおける住民襲撃事件─92年選挙を画期とする変化─ pdf / 津田みわ
はじめに:問題の所在
第1節 「92年選挙前紛争」
第2節 1993年以降の住民襲撃事件
第3節 類型化の試み
結論
(参考文献)

第3章 1960年代ブルンジにおけるエスニシティーの意味─権力闘争における見なしと具象化─ pdf / 佐藤章
はじめに
第1節 「預言の自己完結」説批判
第2節 カメンゲ暴動の史的位置
第3節 モンロヴィア-カサブランカ対立の再検討
第4節 1965年事件と「断絶」
結論
(参考文献)

第II部 アイデンティティーの史的展開
第4章 ルワンダのツチとフツ─植民地化以前の集団形成についての覚書─ pdf / 武内進一
はじめに
第1節 起源
第2節 政治的共同体の形成と発展
第3節 植民地化直前のツチとフツ
結びにかえて
(参考文献)

第5章 市民概念の語用とその限界─リベリア共和国から─ pdf / 真島一郎

第1節 リベリア国家史──市民規定の変遷とマンディンゴ
第2節 移植された概念──市民・族・個人
結論──死を延期される古語
(参考文献)

第III部 紛争主体と国際社会
第6章 継続する内戦と成果のない和平調停─スーダン内戦をめぐるさまざまなアクター─ / 栗本英世
はじめに
第1節 スーダン内戦の背景と多様なアクター
第2節 和平調停の試み
第3節 和平調停の効果と限界
(参考文献)

第7章 「国連事務総長報告:アフリカにおける紛争の諸原因と永続的平和および持続的発展の推進」─文献解題─ pdf / 原口武彦
はじめに
第1節 「報告書」の構成
第2節 解題
まとめ──アナン国連事務総長と「国際社会」