skip to contents.

金融危機と金融規制  

研究双書

No.485

銀行システムの危機に焦点を絞り、先進国、発展途上国に共通する、あるいは固有な銀行危機の発生の構造を分析する論集。


研究双書 金融危機と金融規制 ■ 金融危機と金融規制
■ 渡辺 愼一  編
■ A5判
■ 355pp.
■ 1998年3月発行
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 渡辺 愼一
第1章 総論 pdf / 伊藤 成朗 ・ 国宗 浩三
はじめに
第1節 銀行システム危機発生の原因と対応
第2節 途上国の銀行システム危機
第3節 本書の構成
〔参考文献〕


第I部 先進国における金融危機と制度改革
第2章 セーフティ・ネットと金融システムの安定性 -日本の経験- pdf / 堀内 昭義
はじめに
第1節 金融システムにおけるセーフティ・ネットの位置づけ
第2節 プルーデンス規制の評価
第3節 金融自由化の影響
第4節 セーフティ・ネットの行き詰まり
むすび
〔参考文献〕
付論 銀行のリスク選択を規定する要因

第3章 銀行資産の健全性と不良債権の引当・償却制度 pdf / 鹿野 嘉昭
はじめに
第1節 銀行危機の経済学—経済学は銀行危機をどこまで説明できるか
第2節 銀行資産の健全性維持策としての不良債権の引当・償却制度
おわりに
〔参考文献〕


第Ⅱ部 発展途上国における金融危機 
第4章 インドネシア-銀行部門の不良債権問題-金融発展段階の観点から- pdf / 小松 正昭
はじめに
第1節 金融的発展段階と金融形態、市場および社会特性
第2節 インドネシアの金融的発展段階と銀行部門
第3節 銀行部門の問題—不良資産増加のメカニズム
おわりに
〔参考文献〕

第5章 フィリピン -銀行部門の経営危機とその処理プロセス pdf / 奥田 英信
はじめに-基本テーマ
第1節 金融自由化政策の開始と金融危機の予兆—1980~83年
第2節 金融危機の発生と対応—1983~86年
第3節 金融自由化の凍結と金融機関のリハビリテーション—1986~89年
第4節 1990年代からの金融改革
結論に代えて—将来の金融危機
〔参考文献〕

第6章 アルゼンチン- 経済安定化と金融不安定化のジレンマ pdf / 伊藤 成朗
はじめに
第1節 銀行システムの特徴とその歴史的背景
第2節 銀行危機
おわりに
〔参考文献〕

第7章 メキシコ通貨危機 -証券化と金融自由化の挟間で- pdf / 棟近 みどり
はじめに
第1節 証券化
第2節 金融自由化のもとでの資本流入
第3節 通貨危機から伝播機器へ
むすびにかえて
〔参考文献〕


第Ⅲ部 市場移行国における金融危機 
第8章 移行経済における銀行危機の特性 pdf / 渡辺 愼一
はじめに
第1節 移行経済における「不良債権」の概念
第2節 ハンガリーにおける銀行危機
第3節 ベトナムにおける銀行危機
第4節 移行過程のモデル
むすび
〔参考文献〕

第9章 ベトナムの金融改革と銀行危機 pdf / 服部 亮三
はじめに
第1節 金融制度の概要と法的枠組み
第2節 信用組合の崩壊とその後
第3節 国営商業銀行と不良債権
第4節 銀行危機への対応としての金融規制
おわりに
〔参考文献〕

第10章 中国の不良債権問題とマクロ経済不安定性 pdf / 国宗 浩三
はじめに
第1節 問題の所在—ミクロの問題とマクロの問題
第2節 中国金融システムの特徴
第3節 改革の方向性
おわりに
〔参考文献〕