文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アジアと市民社会 : 国家と社会の政治力学  

インドネシア、シンガポール、マレーシアを国家優位国、タイ、バングラディシュ、トルコを社会優位国とし、政治体制や経済発展段階、歴史過程の異なる国家での、市民社会の実態の多様性を浮き彫りにする。

■ アジアと市民社会 : 国家と社会の政治力学
■ 岩崎 育夫  編
■ A5判
■ 251pp
■ 1998年2月

CONTENTS

まえがき / 岩崎 育夫

はじめに—視座と課題の設定
第1節 市民社会概念をめぐる問題
第2節 市民社会をめぐる理論の問題
第3節 市民社会の実態と展望
おわりに

第Ⅰ部 「国家優位」国の事例 

はじめに
第1節 市民社会形成を阻む問題
第2節 国家による市民社会「取り込み」の動き
おわりに

はじめに
第1節 成長と中産階層の台頭
第2節 市民社会運動の実態
第3節 シンガポールにおける政治社会と市民社会
おわりに

はじめに
第1節 市民社会の定義および機能
第2節 マレーシアの政治体制と市民社会の制約要因
第3節 経済発展にともなう社会変容の市民社会へのインパクト
第4節 市民社会と民主化
むすび

第Ⅱ部 「社会優位」国の事例 

第1節 タイにおける市民社会論の系譜
第2節 市民社会形成の担い手
第3節 92年5月の王宮前広場—「国家—社会」対立のアリーナ
第4節 市民社会のアリーナ—街頭から国会へ

はじめに
第1節 バングラデシュのNGO—市民社会の機能と形成
第2節 バングラデシュNGOの誕生過程とその要因
第3節 バングラデシュの国家
第4節 市民社会と国家
むすび

はじめに
第1節 トルコ政治における市民社会の位置づけ
第2節 市民社会組織の法的枠組み—社団、財団、組合、職業団体、協同組合
第3節 法的規制—緩和と強化の繰り返し
第4節 社団と労働組合の成長
第5節 1980年以降の特徴
おわりに