文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

南アジアの社会変容と女性  

南アジア諸国のうちインドとバングラデシュを取り上げ、その政治、経済、社会の新しい動きのなかでの女性のあり方の変化を、多面的に分析。言い換えれば、女性という存在を、彼女たちの生きる社会の全体的な状況に照らし合わせつつ、具体的に考察している。

■ 南アジアの社会変容と女性
■ 押川 文子  編
■ A5判
■ 251pp
■ 1997年1月

CONTENTS

まえがき / 押川 文子

第Ⅰ部 産業構造の変化と女性

はじめに
第1節 女性たちの「見えざる労働」
第2節 労働力化の阻害要因
第3節 労働力の「女性化」
むすびにかえて

はじめに
第1節 女性を取り巻く社会経済環境
第2節 バングラデシュにおける女性の就労
第3節 縫製工場の女性労働者
第4節 縫製産業が与えた影響
結語

第Ⅱ部 ライフスタイルの変化と女性

はじめに
第1節 インドにおける「中間層」
第2節 「中間層の形成」の社会的性格—結婚広告を中心に
おわりに

はじめに
第1節 調査地域をめぐる社会変化
第2節 婚姻システムにかかわる変化
第3節 婚姻儀礼そのものに関わる変化
第4節 社会変容と女性

第Ⅲ部 開発・政治・女性運動

はじめに
第1節 調査村の概略
第2節 M村における村落レベルの諸開発プログラム
第3節 住民と農村開発との関わり

はじめに
第1節 シャー・バーノー訴訟事件—マイノリティとしてのムスリムとジェンダー
第2節 アヨーディヤ事件—マジョリティとしてのヒンドゥーとジェンダー
第3節 ジェンダーのコミュナル化とコミュニティのジェンダー化
第4節 セキュラリズム・人権・女性

はじめに—問題の所在
第1節 近代とインド女性
第2節 社会改革運動・民族運動—スワデシュ運動期
第3節 婦人参政権運動
第4節 女性運動組織の誕生と諸改革
第5節 ガンディー登場以後のナショナリズムが擁護したもの—新父権制(市民的父権制)の出現
結びにかえて