skip to contents.

韓国・台湾の発展メカニズム  

研究双書

No.464


研究双書 韓国・台湾の発展メカニズム ■ 韓国・台湾の発展メカニズム
■ 服部 民夫 ・ 佐藤 幸人  編
■ A5判
■ 392pp.
■ 1996年3月発行
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 服部 民夫 ・ 佐藤 幸人
序章 韓国・台湾比較研究の課題と仮説 pdf / 服部 民夫 ・ 佐藤 幸人
第1節 なぜ、比較研究か-問題意識の所在
 1.経済発展のモデルとしての韓国と台湾
 2.これまでの得られたコンセンサス
 3.「発展メカニズム」をめぐる論争-「市場主導仮説」と「政府主導仮説」
 4.論争に対するコメント
 5.韓国と台湾の比較研究
 6.本研究の問題意識
第2節 何が明らかになったか
 1.韓国と台湾に経済発展とそのメカニズム(第I部)
 2.経済発展の比較分析(第II部)
 3.政治・社会的要因の比較分析(第III部)
第3節 概念と方法について-序章のむすびとして
 1.「発展メカニズム」再論
 2.地域研究的アプローチ-その長短


第I部 韓国と台湾の経済発展とそのメカニズム
第1章 韓国の開発戦略と発展メカニズム再考 pdf / 笠井 信幸
第1節 意図と課題
第2節 「遺産」と援助依存の構図
第3節 「輸入指向工業化」と資本蓄積メカニズム
第4節 朴政権の特質
第5節 持続的成長と経済開発戦略
第6節 要約と結論-連続性と非連続性

第2章 韓国の重化学工業化政策 -開始の内外条件と実施主体- pdf / 石崎 菜生
はじめに
第1節 急速な重化学工業化政策の開始
 1.第3次経済開発5カ年計画の位置づけ
 2.重化学工業化宣言
 3.安定・均衡路線からの離脱と急速な重化学工業化政策の開始
第2節 重化学工業化政策開始の内外条件
 1.北朝鮮の武力挑発
 2.アメリカの対アジア政策
 3.南北対話の開始
 4.防衛産業の育成
 5.維新体制の発足と重化学工業化政策
第3節 重化学工業化政策の作成・実施主体
 1.重化学工業推進委員会および同企画団の設置
 2.重化学工業推進委員会企画団と経済企画院
 3.物動計画への志向
むすび

第3章 台湾の経済発展における政府と民間企業 -産業の選択と成果- pdf / 佐藤 幸人
はじめに
第1節 政府の選択とその成果
 1.政策の変遷
 2.輸出指向工業化政策の意義
 3.保護政策
 4.税制上の優遇措置
 5.公営企業による重化学工業化
第2節 民間企業の発展メカニズム
 1.輸出産業の起動
 2.分業ネットワークの形成・参入・成長と多様化
むすびにかえて-台湾と韓国の発展メカニズムの分岐に関する3つの仮説


第II部 経済発展の比較分析
第4章 韓国と台湾の製造業生産性の比較 -工業化政策と関連して- pdf / 奥田 聡
はじめに
第1節 韓国・台湾の工業化政策の変遷
 1.韓国の工業化
 2.台湾の工業化
第2節 韓国・台湾製造業のTFP成長率
 1.TFP推計の手順
 2.韓台製造業のTFP推計結果
 3.韓台製造業TFPの記述統計的観察
第3節 TFPの変化と工業化政策
 1.過去の関連研究
 2.本章での分析モデル
 3.パネルデータの利用と産業属性の動的・静的な生産性効果
 4.産業属性の動的変化の効果
 5.静的産業属性の生産性効果
第4節 まとめと結論

第5章 韓国・台湾における企業規模構造の変容
      -「韓国は大企業,台湾は中小企業中心の経済」か-
pdf / 安部 誠 ・ 川上 桃子
はじめに
第1節 センサス・データの分析
 1.データの性格
 2.規模構造の変容-「韓国は大企業、台湾は中小企業中心の経済」か
 3.小括
第2節 ビジネス・グループの規模比較
 1.データの性格
 2.上位50グループの比較
第3節 輸出主体と企業規模
 1.データの性格
 2.比較
むすび

第6章 産業の比較分析 pdf / 安部 誠 ・ 川上 桃子 ・ 佐藤 幸人
第1節 合成繊維産業-寡占的産業組織・低輸出比率の韓国と激しい市場競争・高輸出比率の台湾
 1.韓国
 2.台湾
 3.むすび
第2節 工作機械産業-内需指向・高内製化率の韓国と輸出指向・外注依存の台湾
 1.2つの相違点
 2.台湾と韓国の発展過程と政府の介入
 3.比較分析
第3節 電子産業-韓国の総合電子メーカーと台湾のベンチャー・ビジネス
 1.二重構造の形成と限界
 2.発展経路の分岐
 3.ICの韓国とパソコンの台湾
 4.まとめ


第III部 政治・社会的要因の比較分析
第7章 台湾・韓国の政治体制と民主化 -相違点対比の試み- pdf / 若林 正丈
はじめに
第1節 工業化推進専制体制の特質
 1.専制体制成立のタイミングと組織的性格
 2.政治エリート・学生・労働者
第2節 民主化過程
 1.政治的亀裂と民主化の政治的内容
 2.民主化過程の様態
むすび

第8章 ベトナム戦争とベトナム特需 pdf / 木宮 正史
第1節 課題と問題設定
第2節 南ベトナム派兵
第3節 ベトナム特需
 1.韓国のベトナム特需
 2.台湾のベトナム特需
結論

第9章 韓国・台湾経済の文化的被拘束性 pdf / 瀬地 山角
第1節 「イエ社会論」の韓国・台湾版
第2節 家族形態・社会規範
 1.韓国の場合
 2.台湾の場合
第3節 組織・企業
 1.日本との対比
 2.台湾の場合
 3.韓国の場合
第4節 女子労働
第5節 教育志向と頭脳労働志向
 1.学歴
 2.肉体労働(manual labor)
第6節 経済構造の文化被拘束性-儒教の浸透度

第10章 台湾における「老板」的企業発展 pdf / 沼崎 一郎
はじめに
第1節 老板という企業家
 1.老板とは何か
 2.老板の特徴
 3.企業家としての老板
第2節 老板を生む社会
 1.漢民族の家族
 2.漢民族の社会
 3.日本との関係
 4.開かれたネットワーク
おわりに

第11章 韓国における「財閥」的企業発展 pdf / 服部 民夫
問題の設定
第1節 「財閥」化の客観的条件
第2節 子会社を通しての多角化
第3節 政府と企業の人的つながり
むすびにかえて

終章 韓国・台湾の発展メカニズム pdf / 服部 民夫 ・ 佐藤 幸人
第1節 産業政策と企業成長
 1.初発条件と国民経済建設-韓国
 2.初発条件と国民経済建設-台湾
 3.企業の成長とリスク負担
第2節 政治・社会と「担い手」問題
 1.冷戦体制と韓台
 2.「担い手」とその社会
第3節 韓台比較のインプリケーション