文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

東南アジア農村の就業構造  

「東南アジア農村の就業構造」研究プロジェクトをアジア経済研究所において、1992年度から93年度までの2年間実施した。本書はこの研究プロジェクトの成果である。

■ 東南アジア農村の就業構造
■ 水野 広祐  編
■ A5判
■ 243pp
■ 1995年3月

CONTENTS

まえがき / 水野 広祐

はじめに
第1節 農村の就業構造をめぐる従来の研究
第2節 農村の就業構造と労働力移動
むすび-戦時期に至る農村就業構造の変化

はじめに
第1節 土地保有と就業構造
第2節 農外就業の実態-農業雇用労働と左官を中心に
第3節 世帯所得の階層性
むすび

はじめに
第1節 職業別世帯構成
第2節 労働力人口と就業状況
第3節 就業構造とその変化
むすびにかえて

はじめに
第1節 調査村の概要
第2節 西ジャワ農村の就業構造と調査村の多就業構造
第3節 農作業の季節性と多就業構造
第4節 多就業構造と農村階層
まとめ

はじめに
第1節 調査村の概要
第2節 農村内副業期(1950年代まで)
第3節 外部賃労働市場との結合
第4節 農業生産構造の変化
第5節 男子の農外就業機会
第6節 地方都市における就業機会の拡大と通勤兼業の開始
おわりに

はじめに
第1節 経済発展と農業変化
第2節 農村就業構造
第3節 一農作農村の就業変化の事例
第4節 結論