skip to contents.

冷戦後の北東アジア : 新たな相互関係の模索  

研究双書

No.439

1991~92年度に実施されたアジア経済研究所「冷戦後の北東アジア」研究会の成果を取りまとめたもの。北東アジアの冷戦構造の特徴、今後の新しい相互関係と中台、南北朝鮮という二つの統一問題の展望をとり上げている。


研究双書 冷戦後の北東アジア : 新たな相互関係の模索 ■ 冷戦後の北東アジア : 新たな相互関係の模索
大西 康雄  編
■ A5判
■ 212pp.
■ 1993年12月発行
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 大西 康雄
序章 北東アジアにおける冷戦と脱冷戦 pdf / 大西 康雄
はじめに
第1節 北東アジアにおける冷戦の原型
 1.アメリカによる対ソ封じ込め
 2.中国の国共内戦と朝鮮戦争
 3.中台統一問題の構図
 4.冷戦の成立と変化の萌芽
第2節 米中ソ三極構造の成立
 1.中ソ対立と「自力更生」
 2.米中接近と北東アジア冷戦
 3.中国、ソ連の対外経済政策の転換
第3節 ポスト冷戦と地域各国の対外政策の変化
 1.中ソ対立の終結
 2.韓国の対中ソ関係改善
 3.南北朝鮮関係の進展
 4.中台関係
まとめと各章の紹介

第1章 ソ連とアジア、アジアの中のロシア / 秋野 豊
はじめに
第1節 東側世界と冷戦
第2節 冷戦・ソ連とアジア
第3節 ペレストロイカ、ソ連からロシアへ
第4節 アジアの脱社会主義化、アジアの中のロシア
おわりに

第2章 韓国の北方外交 -中韓国交正常化を中心に- pdf / 石崎 菜生
はじめに
第1節 国交正常化の背景
 1.韓国の北方外交
 2.盧泰愚政権の北方外交
 3.中韓民間交流の進展
 4.南北国連同時加盟と「一つの中国」原則
 5.中国における改革・開放の加速化
第2節 国交正常化の交渉過程
 1.交渉過程
 2.交渉における争点と結果
 3.国交樹立と韓国の内政日程
第3節 国交正常化の波紋とその評価
 1.国交正常化後の中韓関係と韓国国内の反応
 2.台湾の反発
 3.アメリカの反応
 4.北朝鮮の反応
 5.中韓国交正常化の評価
おわりに
韓国の北方外交関連日誌

第3章 朝鮮民主主義人民共和国の対外政策の展開 pdf / 中川 雅彦
はじめに
第1節 対中関係の緊密化
 1.朝鮮労働党第6次大会
 2.対中外交の積極化
 3.全斗煥政権の外交攻勢
第2節 アメリカとの対話呼びかけと対ソ関係強化
 1.「3者会談」提案
 2.朝鮮労働党第7次大会の延期
 3.後継体制に対するソ連の認知
 4.「非核地帯・平和地帯」構想
 5.ソウル・オリンピックをめぐって
第3節 社会主義陣営の崩壊への対応
 1.韓国の北方政策の「成功」
 2.対米関係改善の試み
 3.日朝国交正常化交渉
 4.現代帝国主義論
まとめと展望

第4章 朝鮮半島南北の対抗と交流 pdf / 小牧 輝夫
はじめに
第1節 南北の政治的対抗
 1.冷戦体制崩壊と南北の対抗
 2.南北の国連同時加盟
 3.中韓の国交樹立
第2節 南北の対話と統一の展望
 1.南北対話の過程
 2.南北高位級会談の開始
 3.南北和解合意書の意義と問題点
 4.統一の展望
第3節 経済交流の可能制と展望
 1.北朝鮮経済と南北協力の可能性
 2.南北経済交流の現状と展望
おわりに

第5章 ポスト冷戦期の中国の対外政策 pdf / 大西 康雄
はじめに
第1節 冷戦下の対外政策と国際情勢認識
第2節 中国の改革・開放と北東アジア
 1.独自自主の対外政策
 2.対ソ関係改善
 3.アジア近隣諸国との善隣有効
 4.中台統一問題への対応
第3節 中国と「国際新秩序」
 1.「国際新秩序」の提唱
 2.対西側関係の緊張とソ連・東欧の激動
 3.孤立からの脱却と「国際新秩序」論の変遷
 4.対外政策スタンスの変化
第4節 中台関係と統一の展望
 1.「一国家二制度」による統一の提起
 2.「台湾独立」への対応
 3.三つの政治力学と統一のゆくえ
おわりに

第6章 台湾の「弾力外交」と大陸政策 pdf / 劉 文甫
はじめに
第1節 冷戦構造のなかの台湾
第2節 弾力外交の展開と実態
第3節 冷戦後の台湾の大陸政策
第4節 中台関係の政治的展望と北東アジアへの影響

第7章 環日本海開発構想をめぐる諸問題 pdf / 玉城 素
はじめに
第1節 北東アジアにおける環日本海経済圏の位置
 1.アジアにおける地域経済協力諸構想とその背景
 2.戦時下「北鮮ルート論」の現代的意味
第2節 環日本海経済圏構想の形成
 1.軍事境界としての日本海
 2.日本海沿岸諸地域の経済実態と落差
 3.環日本海経済圏構想の進展と豆満江開発プラン
第3節 今後の環日本海圏開発をめぐる諸問題
 1.日本海の非軍事化
 2.日本海の国際共同開発対象化
 3.体制間ギャップを超える国際秩序形成
 4.反閉鎖・開放経済圏志向
 5.沿岸諸地域・住民の多角的な結合と利害調整
 6.情報の国際的公開・集中・拡散システムの構築
 7.多様な国際会議・国際機関の開催・設立
おわりに