文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

中東諸国における政治経済変動の諸相  

平成2年度から2年間にわたって実施された「東アラブの政治危機と社会変容」研究会の成果。

■ 中東諸国における政治経済変動の諸相
■ 伊能 武次  編
■ A5判
■ 288pp
■ 1993年3月

CONTENTS

まえがき / 伊能 武次

はじめに -地域研究としての現代アラブ思想研究
第1節 アラブ思想とアラブ世界の成立をめぐって
第2節 現代アラブにおける思想的危機
第3節 「第2のナフダ」論をめぐって
結びにかえて-ナフダと「遺産」の問題系

はじめに
第1節 ムスリム同胞団の「イスラーム国家」論
第2節 「シャリーアの実施」問題の経緯
第3節 2つの「イスラーム国家」論
おわりに

はじめに
第1節 前近代エジプトにおける定期市
第2節 現代エジプトにおける定期市
第3節 近代エジプトにおける定期市
第4節 定期市の変遷からみた近代エジプトの地域類型
結びにかえて

はじめに -問題設定と意義
第1節 中央・地方関係の概観
第2節 中央・地方関係の変化にかかわる諸要因
第3節 地方行政の構造
結び

はじめに
第1節 「ワド・ハッブーバの乱」(1908年)
第2節 ゲジラ計画と「原住民自治」体制
第3節 ジャウダ事件(1956年)
結びにかえて

はじめに
第1節 GCC諸国金融機関の対外展開
第2節 GCC諸国金融部門における外国資本
第3節 GCC諸国金融機関の体外展開の特質

はじめに
第1節 エジプトの社会変化と女性労働力の発展過程
第2節 1970年以降の政治・社会変化と女性労働の現状
結びにかえて