文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

経済発展と金融自由化  

「発展途上国の経済発展と金融システム」研究会の成果報告書。アジア・中東・ラテンアメリカ諸国・東欧等の多様な国を取り上げ、比較研究を行った。各国が金融改革をいかに行い、問題点が何かをテーマとしている。

■ 経済発展と金融自由化
■ 伊東 和久 ・ 山田 俊一  編
■ A5判
■ 330pp
■ 1993年3月

CONTENTS

まえがき / 堀内 昭義

はじめに
第1節 経済発展と「金融の深化」
第2節 金融仲介比率の推移
第3節 非金融部門の資金調達構造
第4節 企業金融の構造と変化-概観
結び -規制と金融システム

はじめに
第1節 短期金融市場改革論議の背景
第2節 投資金融会社と短期金融市場
第3節 台湾の短期金融市場形成と現況
結び

第1節 金融政策の目標と制約条件
第2節 金融財政政策の有効性
第3節 金融政策と為替先物スワップ制度
第4節 短期金融市場と金融政策のインストルメント
第5節 マネタリーポリシーのフレームワークと政策の波及プロセス

はじめに
第1節 危機の予兆
第2節 金融危機・債務危機
第3節 調整政策のコスト
第4節 構造調整と金融システム
結び

第5章 タイの金融・証券市場の特徴と課題 / 塩見 重和

はじめに
第1節 タイの経済発展と金融・証券市場
第2節 タイにおける金融の自由化政策
第3節 タイの金融市場の特徴と課題
第4節 タイの株式市場
結び

第1節 1980年代の経済動向
第2節 構造調整政策
第3節 実体経済と金融セクター
第4節 金融政策と今後の課題

はじめに
第1節 1970年代末までの金融政策
第2節 金利自由化政策の効果
第3節 金融制度改革と金融革新
第4節 金融市場の構造変化
第5節 金融自由化の問題点 -結びにかえて

はじめに
第1節 マクロ経済の現状
第2節 マッキノン=ショー仮説とラテンアメリカ
結び

はじめに
第1節 1989年9月以前の状況
第2節 バルセロビッチ・プログラム
第3節 改革過程のダイナミックス
結び -金融改革の位置

はじめに
第1節 オーストラリアの金融市場概観
第2節 金融自由化政策の選択
第3節 金融自由化政策の効果とその評価
第4節 オーストラリアの経験が示唆する諸点
結び