skip to contents.

アジア諸国における民活政策の展開  

研究双書

No.420


研究双書 アジア諸国における民活政策の展開 ■ アジア諸国における民活政策の展開
■ 木村 陸男  編
■ A5判
■ 252pp.
■ 1992年3月発行
オンライン購入

CONTENTS

はしがき pdf / 木村 陸男
序章 pdf / 木村 陸男
第1章 公企業の存在理由と公共性 / 中条 潮
はじめに
第1節 「公共性」と市場の失敗
 1.「公共性」の定義-市場の失敗
 2.市場の失敗要因とその基本的介入根拠
第2節 市場介入の正当性についての再検討-具体的事例に即して
 1.費用逓減産業と限界費用価格形成
 2.規模の経済制とコンテスタビリティー
 3.不確実性
 4.外部効果
 5.公共財(ソーシャル・ウォンツ)
 6.所得再分配の手段としての補助の問題点
 7.その他の留意点
第3節 発展途上国における民営中小乗合輸送手段と公営バスの比較
 1.中小容量乗合輸送の効率性
 2.「バス」に対する規制・保護政策の弊害
おわりに

第2章 アジアNIEsの民営政策 pdf / 木村 陸男 ・ 劉 文甫
はじめに
第1節 韓国
 1.政府主導の開発体制と民営化
 2.民営化の目的・実施過程と問題点
第2節 台湾
 1.自由化と国際化
 2.民営化の実施
第3節 シンガポール
 1.政策枠組み
 2.公企業
 3.シンガポールの民営化政策の特異性と実施状況
おわりに

第3章 インドネシア国営企業の「民営化」問題 pdf / 松井 和久
はじめに
第1節 国営企業の歴史的変遷
第2節 国営企業の国民経済に占める位置
 1.形態
 2.国内生産への寄与
 3.企業数の推移
 4.国家財政
 5.財務概要
第3節 国営企業の「民営化」問題の展開
 1.政府の対応
 2.「民営化」をめぐる議論
 3.「国営企業の『民営化』に関する基本政策」の発表
おわりに

第4章 民間主導経済発展における金融の役割 pdf / 小松 正昭
はじめに
第1節 1983年以前の銀行貸出
 1.銀行貸出制度の特徴
 2.銀行貸出金利
 3.優遇貸出制度の問題点
第2節 1983年以降の銀行貸出
 1.1983年6月の金融規制緩和政策
 2.そのインパクト
 3.1988年以降の展開
第3節 銀行の金融仲介コスト
第4節 中央銀行の為替スワップ制度
 1.背景
 2.メカニズム
 3.矛盾是正策
おわりに

第5章 マレーシアにおける「民活」政策の展開 pdf / 木村 陸男
はじめに
第1節 公企業とマハティール政権の登場
 1.NEPと公企業
 2.対症療法
第2節 「民活」政策の登場
第3節 アド・ホックな実施
 1.「民営化ガイドライン」の策定
 2.実施状況
第4節 評価と問題点
おわりに

第6章 パキスタンにおける「民活」政策の特徴とその進展 pdf / 黒崎 卓
はじめに
第1節 「民活」政策の採用
 1.Z.A.ブット政権の国有化政策
 2.ズィヤー政権の誕生
 3.世銀構造調整借款と2つの5ヵ年計画
 4.パキスタンの「民活」諸政策の関係
第2節 各政策の進展
 1.規制緩和
 2.民間参入禁止の解除
 3.公企業の民営化
おわりに

第7章 中国の経済改革と「民営化」 pdf / 浜 勝彦
はじめに
第1節 所有制多元化政策の展開
 1.規制緩和と多様な所有制形態の創設 
 2.私営経済の発展とその評価
第2節 国営企業における改革
 1.改革の方向
 2.株式制の実験
 3.株式制登場の背景
 4.株式制をめぐる論争
 5.民有化論の登場
第3節 天安門事件と「ブルジョア自由化」批判
第4節 第8次5カ年計画と株式化
 1.企業連合での株式化の公認
 2.経営請負責任制と「税利分流」
 3.請負制と株式論争の行方
おわりに

第8章 ソ連の歴史的体制転換と表裏一体の全面的民営化政策 / 斎藤 哲
第1節 行き詰まった社会主義体制からペレストロイカ=民活へ
第2節 第1段階の失敗と事態の急展開
 1.概況
 2.旧体制下での管理手直し策
 3.民活の部分的導入策
 4.突出した改革の否定的側面
 5.外部要因による自体の急転
第3節 民営化政策の主眼
 1.効率化
 2.国家財政の健全化
 3.過剰流動性の吸収
第4節 民営化の問題点
 1.弱者救済
 2.インフレ
 3.過剰流動性
 4.連邦対共和国
第5節 アジア諸国への影響
 1.中国
 2.その他諸国
 3.間接的要因
 4.日本