skip to contents.

中東和平と西岸・ガザ : 占領地問題の行方  

研究双書

No.389


研究双書 中東和平と西岸・ガザ : 占領地問題の行方 ■ 中東和平と西岸・ガザ : 占領地問題の行方
■ 池田 明史  編
■ A5判
■ 191pp.
■ 1990年2月発行
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 池田 明史
第1章 「寛容な占領」神話の蹉趺 pdf / 池田 明史
はじめに
第1節 占領の開始
第2節 「自由放任」路線
第3節 「積極主義」路線の登場
第4節 二つの選挙
第5節 リクード政権の誕生と占領政策
第6節 「村落連合」構想
第7節 「寛容な占領」の崩壊
結び

第2章 パレスチナ占領地問題と米ソの対応 / 木村 修三
はじめに
第1節 占領地問題の発生と米ソ
第2節 パレスチナ問題の棚上げ
第3節 包括的解決への志向とその挫折
第4節 1982年以降の米ソの対応

第3章 イスラエルの東部国境設定について-イスラエル諸政党の試案と国家観の推移- / 辻田 真理子
はじめに
第1節 1969年総選挙う
第2節 1988年総選挙
第3節 各立場の思想の変化と勢力推移
おわりに

第4章 西岸・ガザとPLO、ヨルダン pdf / 立山 良司
はじめに-問題の設定
第1節 PLO、ヨルダンと西岸・ガザとの基本的関係
第2節 1970年代後半から80年代における西岸・ガザ、PLO、ヨルダン
第3節 インティファーダの影響
結びに代えて

第5章 イスラミック・ファクター / 高橋 和夫
はじめに
第1節 背景
第2節 イスラム勢力の伸長
第3節 構成
第4節 イデオロギー
第5節 イスラム勢力とPLO
第6節 インディファーダ
第7節 イスラム勢力の将来
第8節 中東和平とイスラム原理主義

第6章 ユダヤ系アメリカ人とパレスチナ問題-盲目的翼賛の終焉か / 河野 徹
第1節 翼賛体制への道
第2節 弱すぎる批判と強すぎる反批判
第3節 翼賛体制の破綻