文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス

研究双書

基礎研究成果をとりまとめた途上国研究専門書。

2018年

途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――

No.636

『途上国の障害女性・障害児の貧困削減――数的データによる確認と実証分析――』
森 壮也 編 / 3,456円(本体価格 3,200円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04636-2
途上国の脆弱層のなかでも、国際的にも関心の高い障害女性と障害児について、フィリピン、インド、インドネシアの三カ国を取り上げ、公開データや独自の数的データを用いて、彼らの貧困について実証的に分析する。

ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――

No.634

『ポスト・マハティール時代のマレーシア――政治と経済はどう変わったか――』
中村 正志熊谷 聡 編 / 6,912円(本体価格 6,400円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04634-8
マハティール時代に開発独裁といわれたマレーシアはどう変わったか。政治面では野党が台頭し経済面では安定成長が続く。では民主化は進んだのか。中所得国の罠を脱したのか。新時代の政治と経済を総合的に考察する。

photo

No.635

『中国の都市化と制度改革』
岡本信広 編 / 3,996円(本体価格 3,700円) / 2018年3月発行 / ISBN978-4-258-04635-5
2000年代から急速に進む中国の都市化。中国政府は自由化によって人の流れを都市に向かわせる一方で、都市の混乱を防ぐために都市を制御しようとしている。本書は中国の都市化と政府の役割を考察する。

photo

No.633

『多層化するベトナム社会』
荒神衣美 編 / 3,888円(本体価格 3,600円) / 2018年2月発行 / ISBN978-4-258-04633-1
2000年代に高成長を遂げたベトナム。その社会は各人の能力・努力に応じて上昇移動を果たせるような開放的なものとなっているのか。社会階層の上層/下層に位置づけられる職業層の形成過程と特徴から考察する。