文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

ポスト軍政のミャンマー――改革の実像――  

アジ研選書

No.39

23年間の軍事政権から、民政移管で誕生したテインセイン政権。民主化と経済開放を一気に進め「アジア最後のフロンティア」に踊り出たミャンマーでは、なにが変わり、なにが変わらないのか。

■ ポスト軍政のミャンマー――改革の実像――
■ 工藤 年博  編
■ 3,132円(本体価格 2,900円)
■ A5判
■ 225pp
■ 2015年11月13日
■ ISBN978-4-258-29039-0

全国の書店およびオンライン書店でお求めになれます。

CONTENTS

はじめに
第1節 「ポスト軍政」幕開けの背景
第2節 「ポスト2015年」の政治展望
第3節 経済統合と国内企業
第4節 各章の要約
おわりに

はじめに
第1節 制度の変化
第2節 議会政治の担い手たち
第3節 政治の変化
おわりに

はじめに
第1節 2008年憲法における人権規定
第2節 憲法裁判所の役割――2008年憲法の「番人」なのか――
第3節 ミャンマー国家人権委員会
第4節 ミャンマーの人権状況に対する国際的評価の変化 
おわりに

はじめに
第1節 IMF監視プログラム(SMP)の概要
第2節 プログラムからみた前政権のマクロ経済運営
第3節 マクロ経済運営改革の評価
おわりに

はじめに
第1節 軍政下の農業・農村部門の実態――統制が生み出した歪み――
第2節 新政権成立前の改革意識の萌芽
第3節 新政権下の改革がめざすもの
第4節 新しい課題
おわりに

はじめに
第1節 開発援助拡大のふたつの契機と地域的な偏り――地域開発分野に着目して――
第2節 ローカルNGOの「出現」とそれを担う人びと
おわりに

はじめに
第1節 少数民族による武装闘争の展開
第2節 軍事政権と少数民族
第3節 テインセイン政権と国内和平
第4節 全国停戦協定の模索
第5節 全国停戦協定交渉と国軍
第6節 少数民族政党の活動と民族間暴動
おわりに

はじめに
第1節 軍政下での隠れた問題――さまざまな困難に直面するムスリム――
第2節 暴動によるムスリムの可視化
第3節 反ムスリム運動
第4節 平和集会の開催――相互理解と国内安定に向けて――
おわりに

はじめに
第1節 対外経済関係の展開
第2節 ASEAN経済共同体とミャンマー
おわりに