skip to contents.

メコン地域開発  -残された東アジアのフロンティア-

アジ研選書

No.1

メコン河流域を拡大したタイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、中国雲南省をカバーする地域の開発を国際関係、インフラ、人材育成、産業の観点から詳細に分析。


アジ研選書 メコン地域開発 ■ メコン地域開発 -残された東アジアのフロンティア-
石田 正美  編
■ 4,644円(本体価格 4,300円)
■ A5判
■ 387pp.
■ 2005年11月発行
■ ISBN4-258-29001-7
オンライン購入

CONTENTS

序章 メコン地域開発——本書の視点と構成 pdf / 石田 正美
はじめに
第1節 本書の視点
第2節 本書の構成

第I部 メコン地域概観 

第1章 メコン河とメコン地域 pdf / 石田 正美
はじめに
第1節 メコン河について
第2節 メコン地域について
第3節 メコン地域における様々な経済協力の枠組み
おわりに

第2章 メコン地域における開発協力と国際関係 pdf / 小笠原 高雪
はじめに
第1節 アジア開発銀行(ADB)
第2節 日本
第3節 タイ
第4節 中国
第5節 ベトナム
第6節 ASEAN(マレーシア、シンガポール)
おわりに

第3章 メコン地域の交通インフラ / 吉田 恒昭、金 広文
はじめに
第1節 GMS交通インフラを考察する基本的視座
第2節 歴史的にみるメコン地域の交通インフラ
第3節 GMSプログラムにおける交通インフラ整備
まとめ

第II部 CLM諸国の人的資源

第4章 カンボジアの人的資源開発——現状と課題 pdf / 廣畑 伸雄、竹内 潤子
はじめに
第1節 社会・経済の概況と人口動態
第2節 教育と人的資源開発
第3節 労働市場と産業人材育成
おわりに

第5章 ラオスの社会・経済概況と人材開発問題 pdf / 小山 昌久
はじめに
第1節 ラオスの概況
第2節 市場経済移行後の経済発展と制約要因
第3節 ラオスの産業構造の特徴
第4節 人口の地域分布、労働市場、人材開発
第5節 貧困削減とインフラ整備
おわりに

第6章 ミャンマーの人的資源 / 安藤 智洋
はじめに
第1節 総人口と地域分布
第2節 所得
第3節 教育・人材育成
第4節 労働市場
おわりに

第III部 CLM諸国の産業発展の可能性 

第7章 カンボジアの産業の現状——縫製業を中心として pdf / 初鹿野 直美
はじめに
第1節 カンボジアの貿易・直接投資と産業
第2節 縫製業の現状
おわりに

第8章 ラオスの木材加工産業——持続的な発展の可能性 pdf / 山田 七絵
はじめに
第1節 メコン地域の森林と林業
第2節 ラオスの森林政策と商業用伐採
第3節 ラオスの木材加工産業と関連政策
まとめと提言

第9章 ミャンマーの産業発展の可能性と課題 pdf / 井田 浩司
はじめに
第1節 ミャンマーの産業発展の可能性
第2節 ミャンマーの外国投資受け入れの経緯
第3節 ミャンマーの産業発展に向けた課題
第4節 ミャンマーの外国援助受け入れ状況
おわりに

第IV部 タイ・ベトナム・雲南省の役割 

第10章 タイの地域開発政策と近隣諸国との経済関係 / pdf / 恒石 隆雄
はじめに
第1節 タイの地域開発政策
第2節 タイの近隣諸国政策
第3節 近隣諸国との経済関係
おわりに

第11章 大メコン圏経済回廊とベトナム経済開発 pdf / 石田 暁恵
はじめに——ベトナムのメコン地域開発への関わり方の変化
第1節 GMS諸国との経済関係の変化
第2節 北部経済回廊と経済開発の方向
第3節 東西経済回廊と中部開発
第4節 南部経済にとってのGMS南部経済回廊建設計画
おわりに

第12章 雲南とメコン地域諸国との経済協力 / 湯 家麟、楊 暁輝
はじめに
第1節 雲南とメコン地域諸国との経済関係史
第2節 第二次世界大戦後の経済関係
第3節 雲南の民間企業による経済協力
第4節 政府間レベルの経済協力
おわりに

第V部 総括

第13章 メコン地域開発の展望と課題 pdf / 石田 正美
はじめに
第1節 メコン地域開発への期待
第2節 メコン地域開発を進めるうえでの問題点と課題
第3節 今後の展望と課題
あとがきにかえて