skip to contents.

テヘラン商売往来-イラン商人の世界  -イラン商人の世界—

アジアを見る眼

No.106

10年にわたる調査で覗いたイラン商人の世界。客あしらいや義理人情など、商売の極意を彼ら自身の言葉で綴る。宗教や政治の本では決して読めない生身のイランが見えてくる。


アジアを見る眼 テヘラン商売往来-イラン商人の世界 ■ テヘラン商売往来-イラン商人の世界 -イラン商人の世界—
岩﨑 葉子  著
■ 1,512円(本体価格 1,400円)
■ 新書判
■ 244pp.
■ 2004年7月発行
オンライン購入

CONTENTS

はじめに pdf / 岩﨑 葉子


第1章 イラン商人たちの世紀末 pdf / 岩﨑 葉子
1.国境を越えて
2.「自由化」時代のイラン
3.商売をとりまく環境

第2章 ナマーヤンデのはなし pdf / 岩﨑 葉子
1.商社マンM氏との会談
2.「代理人」稼業
3.情報サービスあれこれ
4.客とナマーヤンデ
5.ナマーヤンデ気質
6.ジャアファリーというひと
7.すずかけの木立の家で
8.ほんとうのテヘラン

第3章 テヘランの商業空間 pdf / 岩﨑 葉子
1.テヘランのまち
2.大バーザール
3.イラン商人いろいろ
4.商売替え

第4章 アパレル工場のひとびと pdf / 岩﨑 葉子
1.アパレル産地テヘラン
2.アパレル企業調査
3.一国一城の主たち
4.コピー合戦
5.テヘラン・ブランド
6.遠きヨーロッパ

第5章 ボナクダールのはなし pdf / 岩﨑 葉子
1.くたばれボナクダール
2.ボナクダール店舗の集積地
3.作られてから売れるまで
4.おいしい商売
5.ハージアーガーのビジネス
6.ブールスに店を持て
7.仰天地価
8.商業集積の風景