skip to contents.

国家の制度能力と産業政策  

経済協力シリーズ

No.206

90年代以降、産業政策をめぐる論争は活況を呈し、同時に制度の重要性に対する認識が高まった。本書は、東アジア諸国の産業政策を制度能力の視点から検証する。


経済協力シリーズ 国家の制度能力と産業政策 ■ 国家の制度能力と産業政策
黒岩 郁雄  編
■ 2,916円(本体価格 2,700円)
■ A5判
■ 234pp.
■ 2004年12月発行
オンライン購入

CONTENTS

まえがき pdf / 黒岩郁雄
第1章 制度能力と産業政策 pdf / 黒岩郁雄

はじめに
第1節 1990年代以降の産業政策をめぐる論争

1.アジア危機以前の開発戦略
2.アジア危機と『東アジアの奇跡再考』

第2節 産業政策と制度能力

1.市場の失敗と産業政策
2.政府の失敗とその原因

第3節 国家の制度能力

1.高度な制度能力
2.基礎的な制度能力

第4節 二部戦略再考

1.選択的産業政策
2.中立的産業政策

第5節 北東アジア、東南アジアの制度能力と産業政策
むすび


第2章 「機械工業振興臨時措置法」の成立のプロセスと制度能力 pdf / 松島茂

はじめに
第1節 通商産業省の組織と政策立案

1.原局体制
2.通商産業省の政策立案過程

第2節 機械工業振興事業団構想とその挫折

1.機械工業振興事業団構想
2.検討と折衝のプロセス

第3節 機振法への転換

1.機振法の枠組みと法律事項
2.日本開発銀行による融資
3.中小企業金融公庫による融資

第4節 機振法の成立

第5節 機振法の運用

1.運用の概略
2.自動車部品産業のケース

おわりに


第3章 韓国「開発年代」の産業政策とそれを支えた制度的枠組み pdf / 堀金由美

はじめに

第1節 韓国の産業政策

1.工業製品の輸出振興期(1961~72年)
2.重化学工業化推進期(1973~79年)
3.産業構造調整期(1980~87年)
4.自由化・規制緩和の推進と経済の先進国化(1988年~)

第2節 産業政策と制度能力-政治経済学的視点からの考察

1.「制度能力」の概念
2.モデル
3.モデルの修正

むすび


第4章 マレーシアの制度能力と産業政策 pdf / 穴沢眞

はじめに

第1節 国家政策

第2節 産業政策

1.輸出志向工業化
2.重工業化
3.中小企業政策

第3節 制度能力と産業政策

結語


第5章 国家の制度能力と産業政策-タイとマレーシアを事例として pdf / 東茂樹

はじめに
第1節 中立的産業政策

1.タイ
2.マレーシア

第2節 選択的産業政策

1.タイ
2.マレーシア

第3節 グローバル化の進展と競争力強化戦略

1.タイ
2.マレーシア

第4節 産業政策に関する国家の制度能力-むすびにかえて


第6章 ベトナムの市場経済化・工業化と国家の制度能力 pdf / 石塚二葉

はじめに
第1節 ドイモイの開始と国家の制度能力

1.体制移行とグラジュアリズムアプローチ
2.1979年から1989年の時期における改革プロセスとその成果
3.移行にかかる政策決定・実施と国家の制度能力

第2節 市場経済システム下の開発戦略

1.「工業化・近代化」と国営企業
2.ベトナムの繊維・縫製産業振興政策

むすび


第7章 産業育成手段の多様化を求めて-タイの経験が示唆するもの pdf / 下村恭民

はじめに-本章の目的

第1節 制度能力の測定に関する留意点

第2節 「事例」の置かれた状況

1.市場重視型の代表とされているタイの「中間型」の側面
2,タイにおける産業、輸出構造高度化の志向
3.経済停滞下での対日貿易赤字への不満の高まり

第3節 「日タイ経済関係構造調整白書」の事例

1.「白書」の誕生とその背景
2.「白書」の内容
3.「白書」の特徴
4.「白書」に対する日本側の対応

第4節 結論と政策提言