文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
レポート・出版物

アジアNIESの対外直接投資  

経済協力シリーズ

No.197

アジアNIESの対外直接投資の展開過程とその特徴を比較・検討し、「通貨危機」後の東アジアの経済発展に果たすその役割を展望する。 

■ アジアNIESの対外直接投資
■ 北村かよ子 編
■ 2,484円(本体価格 2,300円)
■ A5判
■ 210pp
■ 2002年3月

CONTENTS

はじめに / 北村かよ子

 I 問題の所在とその背景

 II NIESの対外直接投資の歴史的展開とその特徴

 III 対外直接投資の特質

 IV 通貨・金融危機後の対外直接投資の動向とその含意-むすびに代えて-

 はじめに

 I 韓国の対外直接投資の概要

 II 韓国の電子産業の発展過程

 III 韓国電子産業の直接投資の開始-総合電子メーカーによる日系企業への追い上げ過程-

 IV 1990年代韓国電子産業の対外直接投資の新展開

 V 通貨危機の発生と海外直接投資の収縮

 まとめと展望

 はじめに:問題の設定

 I 対外投資の展開過程

 II 台湾企業の対外投資にみる東南アジア・中国間選択

 III 台湾企業の対外投資と「所有特殊的優位性」:パソコン産業を中心に

 おわりに

 はじめに

 I 1980年代以降のシンガポールの対外投資の概況

 II 電子産業における対外投資の展開

 III シンガポール企業の対外投資を支えた所有特殊的優位性

 おわりに

第5章 直接投資の展開と産業構造の変容-香港の事例- / ラリー・D.チュウ/チャンチー・ウー(編訳:川上桃子)

 はじめに

 I 直接投資の理論的枠組み

 II 直接投資の展開過程

 III 産業構造の変容と対内・対外投資の拡大

 IV 中国南部の工業化と香港の対中投資

 おわりに